- Blog記事一覧

Blog記事一覧

ばね指でお悩みの40代女性

2018.10.05 | Category: バネ指,症例

久々の症例ブログです。

 

インターネットで沢山調べて当院を発見したと教えてくださいました。

当院を見つけてくださり有難うございます。

徐々にインターネットから予約してくださる方が増えてきたので嬉しく思います。

 

全身がボロボロだけれども、一番気になるのはバネ指なんですと教えてくれました。

なので、今日はバネ指について少しだけお話ししたいと思います。

 

バネ指というのは指にある腱鞘炎(けんしょうえん)のひとつです。

 

指を動かす時に腱(指を動かしているゴムバンド)と腱鞘(ゴムバンドを関節のところで囲っている布)が擦れ合って炎症が起こります。

 

炎症が強くなると、ある程度まで曲げるとそれ以上はスムーズに曲がらなくなり、そこから指が”カックン”といきなりはねるように曲がったり伸びたりします。これは、腱鞘部分に炎症が起こることで一部分だけ腫れてしまい、そこに腱が引っかかり指がスムーズに曲げ伸ばしできなくなるためです。

 

バネ指は特に40代~60代、男性よりも女性に多くみられる現象です。お仕事や日常生活で、繰り返し指を使わなければいけない方、最近ではパソコンやスマホ、ゲーム機などの長時間使用が原因で引き起こされることが増えているのも特徴の一つです。また、糖尿病やリウマチ・通風の方もなりやすいと言われています。

 

整形外科などに行くと第一に言われるのが安静です。ステロイド注射で痛みや腫れを和らげる場合もありますが、あまりに改善しない場合や注射を打っても再発を繰り返す場合は手術を行うこともあります。

 

さて…

当院ではどうするかというと、

指だけに焦点を当てません。

 

腱鞘の炎症は起こっていますが、その炎症が起きた理由は何かを考えます。

 

例えば…

萎れている葉っぱを元気にさせようと”その葉っぱだけ”に水をかけたり光を当てても元気になりません。

 

葉を元気にさせるには…

 

まずは、土に水をあげます。

お日様が足りないのかもしれません。

必要であるなら栄養剤もあげなければなりません。

もしかしたら土が原因かもしれません。

 

などなど…

 

原因が他にある場合が多く、これは私たちにも同じことが言えます。

 

この患者さんは、調べていくと前腕が異常に張っていました。カイロプラクティックの施術の後に特殊な方法で張りを取ってあげると、バネ指はすっかり良くなっていました。

 

ここからが大事な話です!

 

当院に来た患者さん全員に伝えてありますが、痛みというのは身体が「ちょっとおかしいから調べてくれ!」と私たちに教えてくれているサインです。この痛みというのが曲者で、90%身体の中で蓄積されていると言われています。身体が耐えて耐えて、耐えきれなくなった最後の10%が”痛み”として私たちに教えてくれます。

 

 

上の画像を見てください。

今この画面をご覧になっているあなたの身体が「グラス」です。

そこに痛みの成分である「水」を注いでいきます。

どんどん水が溜まってきても、まだ身体は”痛み”として認識できません。

水がどんどん淵まで近づき、とうとう溢れてしまいます。

 

この時点で身体は”痛み”として判断します。

 

「グラス(身体)」が耐えうる許容量を超えてしまったため、「グラス」だけでは溢れた水をどうにもできません。

 

「グラス」自身が口を生やし、水をどこかに吸収することができれば話は違いますが、それも不可能です。

 

なので、この時点で外部に”溢れた水”を処理してもらう必要があります。

 

誰か”に!!

 

この”誰か”に処理してもらうために周りの人にサインを出します。

 

これが、人間でいう”痛み”です。

 

もうお分かりだと思いますが、痛みというのは許容量を超えた段階のものです。

 

「”痛み”を取ってくれればそれでいいんだ」

 

という人がほとんどだと思います。

実際、当院にもそのような患者さんは多いです。

そんな時、必ず伝えることがあります。

 

ちょっと待って!!

 

痛みを取る=「グラス」の中の水を空にする

 

ではありません。

 

周りに溢れている水のみを処理しているだけに過ぎません。

 

それでは、またすぐに水が溢れてしまいます。

 

カイロプラクティックの良いところは、「痛み(水)」だけに焦点を置かず、「身体の中にある原因(グラスになぜ水が溜まったのか)」を考えていきます。

 

原因を突き止め、

「グラスの中にある水ごと処理をしよう」

「なんならグラスの種類や大きさも変えて、水が溢れないようにしていこう」

「グラスに最高の仕事をさせようじゃないか!」

というのがカイロプラクティックです。

なので

 

痛みを取るだけがゴールではありません。

 

定期的なメンテナンスをはじめ、

原因を根本的に改善していく必要があります。

 

そして、

 

再発しない身体づくり。

100%の機能を身体が使えるように。

自己免疫力の向上。

 

この考えを当院は大切にしています。

 

当院にご縁があって来られた患者さんたちのサポートをはじめ、このブログを読んでくださっている皆様の意識も少しずつ変えていけたらと思っています。

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ

 

参照画像:https://goo.gl/images/SLuATM
     https://goo.gl/images/R4dj2q

カイロプラクターになる為に〜私の人生を少しだけシェア〜④

2018.10.04 | Category: カイロプラクターになるまでの人生を少しだけシェア

前回に引き続き第4弾です。

 

まさか、自分が120点満点中18点しか取れないとは思ってもいなかったので、この先の予定を大きく変えてしまいました。

 

この点数をパーマー大学に送ったところ、この点数では難しい。とのメールが届きました。(そりゃそうだ…)

そして、パーマー大学にダイレクトにはいれるわけではなく、入学に必要な科目を地元の短期大学で履修しなければいけません。そこに英語が第2言語の人たち向けの英語クラス(ESL)があるのですが、そのクラスすら入れることができないので日本で少し勉強してくれと言われました。

 

「これはやばい。」

「英語を本気で学ばないといけない」

 

やっと焦り出し色々調べた結果、フィリピンに語学留学することになりました。

当時、マニラにあった(今はセブとバギオの2校)ストーリーシェアという日本人のみの語学学校に数ヶ月お世話になりました。

学校施設内は日本語一切禁止で、皆そのルールを守り四苦八苦しながらお互いに意思疎通をしていました。約1年間フィリピンに留学をし英語を朝から夜遅くまで勉強をしたおかげで、アメリカ留学ができる点数を取ることができました。英語は、やはり現地で苦しみ悩みながら生きた英語を学ぶのが一番早く身につくと思います。(個人的な感想です)私もここでは書き表せないくらい苦しみましたし、言葉が伝わらないもどかしさにずっと悩んでいました。

ビザやアメリカで暮らすためにアパート探しなど…

初めてだらけのことで、毎日いっぱいいっぱいになりながら留学準備をしていきました。

 

続く…

 

フェイスブック→https://www.facebook.com/コネクトカイロプラクティック-ファミリーオフィス-Connect-Chiropractic-Family-Office-248419555735107

インスタグラム→https://www.instagram.com/Kosuke__takahashi/

 

 

第一弾

 

カイロプラクターになる為に〜私の人生を少しだけシェア〜

第二弾

 

カイロプラクターになる為に〜私の人生を少しだけシェア〜②

第三弾

 

カイロプラクターになる為に〜私の人生を少しだけシェア〜③

 

 

 

カイロプラクターになる為に〜私の人生を少しだけシェア〜③

2018.10.01 | Category: カイロプラクターになるまでの人生を少しだけシェア

アメリカのパーマー大学にTOEFLのスコアを送らないといけなかったため受験をしたのですが、スコアがとんでもないことになりました。

 

渡米するちょうど1年前です。

ちなみに上から読みとる力、聞き取る力、話す力、書く力の4項目に分かれていて、各項目30点満点でトータル120点のテストです。

それで取れたのが

たったの

”18点”

でした。

これは一項目のスコアではありません。

トータルのスコアです。

 

読解力はなんと0点です。

今でもどうやったら0点を取れるのかよく分かりません。

 

ここから私はスタートしました。

 

 

フェイスブック→https://www.facebook.com/コネクトカイロプラクティック-ファミリーオフィス-Connect-Chiropractic-Family-Office-248419555735107

インスタグラム→https://www.instagram.com/Kosuke__takahashi/

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ

 

第一弾↓

カイロプラクターになる為に〜私の人生を少しだけシェア〜

第二弾↓

カイロプラクターになる為に〜私の人生を少しだけシェア〜②

カイロプラクターになる為に〜私の人生を少しだけシェア〜②

2018.09.25 | Category: カイロプラクターになるまでの人生を少しだけシェア

会話の時間にしてわずか5秒弱で私のアメリカ行きが決まりました。

と紹介させて頂きました。

 

「アメリカに行きます!」

 

と言葉にはしましたが、その後どうすればいいのか全く分かりませんでした。

 

今だったら、大学の教授や周りの人に「アメリカに行きたいと考えているのですが…」と伝えてアドバイスをもらいます。(確実にそちらの方が賢明な行動です

 

しかし、私の場合は違いました。

 

最初にした行動は誰に相談するでもなく、今まで行っていた就職活動を辞めることでした。

(今思えば、なかなか恐ろしいことをしたなと思います。)

 

アメリカに行けるともまだ分からないのに、自ら退路を断ってしまいました。

ゼミの教授に報告したら、ビックリされていました。(そりゃそうだ…)

 

その後にとった行動は「家族に伝える」ということでした。

「相談」ではなく「報告」です。

「報告」の中でもたちが悪い「事後報告」というものです。

 

「事後報告」の後に家族に対してプレゼンをしました。

これからどうしていくのか。

目標ではアメリカにいつ頃行きたいのか。

語学はどうするのか。

 

そこには挙げていくとキリがないほど、沢山のハードルがありました。

 

何回もプレゼンをして、なんとか家族の同意が得られたことでアメリカ留学への道が始まりました。

 

まずは、「英語をどうするか」ということでした。

英語は本当に苦手(勉強全般が苦手…)でしたので、これは本当にどうするか悩みました。

体育学部でしたが、TOEFL(アメリカ留学する際に必要なテスト)の対策クラスを受講しました。

しかし、英語が全くできない人間が、いきなり対策クラスを受講してもついていけるはずがありません。

もちろん周りは英語科など、語学に長けている人たちです。

その反面、私は自己紹介がなんとかできる程度(自分の名前だけで、趣味とかの説明はできない)の人間です。

もはや、周りからすれば体育学部が茶化しに来たのかと勘違いされるレベルです。

 

最初の数日は授業中一切口を開きませんでした。無言です。

周りからは、「熱心に授業を聞いている生徒」と見えていたかもしれません。

 

しかし、実際は…

 

先生やクラスメイトが何を言っているのか理解不能だったので黙るしかありませんでした。

なにが分からないのか分からないという、よく耳にするやつですね。

「何が分からないのか分からない」ってホントにそうなんです。

 

授業は全て英語。日本語一切なしの授業方法でしたので、正直苦痛以外の何物でもありませんでした。

 

先生に相談したところ、別に課題を出してくださったりとても親身に相談に乗って頂けました。

(そのおかげで、なんとかクラスもパスできました…)

 

全く役に立たなかったのですが、英会話スクールにも行きました。

(これはロングストーリ―なのでまたの機会にお話しします)

 

大学を卒業するまでに、できることはやろうと決めていたので、色々動いてみて経験や失敗を重ねて勉強しました。

 

大学卒業してからは、留学準備のために2年間働きました。営業の仕事をしていたのですが、この仕事が私の人生で大きな意味をもつことになりました。

営業というのはコミュニケーション能力がとても大切になってきます。相槌、話し方、声のトーンや波長、相手が持っているリズムなどを敏感に察知しなければいけません。私がやっていた営業はDoor to Doorの訪問営業でしたので、これがとても大事でした。この仕事をとおして沢山の事を学ばせて頂きました。

 

アメリカのパーマ大学にTOEFLのスコアを送らないといけなかったので、テストを受けたのもこの時期です。

そのスコアがとんでもない点数でした!

予想のはるか上をいくスコアにビックリしました!

 

続く…

 

 

第一弾です↓↓

カイロプラクターになる為に〜私の人生を少しだけシェア〜

 

フェイスブック→https://www.facebook.com/コネクトカイロプラクティック-ファミリーオフィス-Connect-Chiropractic-Family-Office-248419555735107

インスタグラム→https://www.instagram.com/Kosuke__takahashi/

 

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ

 

 

カイロプラクターになる為に〜私の人生を少しだけシェア〜

2018.09.22 | Category: カイロプラクターになるまでの人生を少しだけシェア

今回から数回にかけて、私がカイロプラクターになるまでの道のりを少しだけシェアしたいと思います。

こいつ面白いなという感じで読んでいただけたら幸いです♪

 

どこから話していけば良いのか…

 

幼少期からずっと剣道をしていて、身体のメンテナンスで接骨院や鍼灸にお世話になっていました。それが影響してか柔道整復師になりたいなーと漠然と思っていた時期もありました。

 

月日が経ち、大学で本格的に就活をする際にずっと胸の中で引っかかっているものがあったんです。

それが何なのか当時は分からなくて悩みました。

 

ちょっと視点を変えてみよう。

違う角度で自分をみてみよう。

そうすれば、何が引っかかっているのか分かるかもしれない。

 

沢山の友人や知人にお願いをして、数多くの他業種の方々とお話しさせてもらえる機会を頂きました。

 

今考えると、後先考えずに片っ端からお願いしていたので失礼がなかったか急に心配になってきました…

 

職業は銀行、保険、外資、医療器具を取り扱っている会社、専門職の方など、ほんとに多くの方々から直接話を聞くことができました。

 

ありがとうございました!!

 

その中で、私の人生を変えたのがこのカイロプラクティックです。

その時に出会ったのが恩師となるカイロプラクターでした。

カイロプラクティックの話を聞き、実際に施術していただけるとのこと。

当時、私はひどい腰痛持ちでギックリ腰も年に1回は経験していました。

 

一通りの検査をして、これから施術をしますとなった時に”痛めている腰”ではなく”首”を施術して頂きました。

「腰が痛い=腰を施術して痛みを取り除く」

だと思っていましたが、その考えは根底から崩されてしまいました。

 

首を施術して頂いた後に、腰の痛みをチェックすると痛みが消えていたんです。

 

当時の自分の頭では意味が分かりませんでした。

 

大学では体育学部でしたので、解剖学や運動生理学などの身体に関する勉強を細かくしていきます。

さらに私自身、解剖学は好きでしたので自信がありました。

しかし、どこをどう考えても首を施術することで腰痛が改善する意味が全く分かりませんでした。

もう一度言います!

全くです!!

 

先生に

「どこで学ばれたんですか?」

と聞いたら、

「アメリカだよ」

と答えてくださいました。

そして私が、

「私もアメリカに行ったら、先生みたいになれますか?」

と聞くと

「なれると思うよ」

と答えてくださいました。

そして私は言いました。

「アメリカに行きます!!」

 

文で見るとほんの数行…

 

会話の時間にしてわずか5秒弱で私のアメリカ行きが決まりました。

 

 

 

続く…

 

 

フェイスブック→https://www.facebook.com/コネクトカイロプラクティック-ファミリーオフィス-Connect-Chiropractic-Family-Office-248419555735107

インスタグラム→https://www.instagram.com/Kosuke__takahashi/

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ

お気軽にご相談ください!コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィス
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口 徒歩2分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。