- Blog記事一覧

Blog記事一覧

No.236 「誤解しやすい大切な話」

2020.09.09 | Category: 症例

大事な話です!

「痛み」「違和感」ってなんでしょうか?

ほとんどの方はなんかしらの痛みを経験したことがあるのではないでしょうか?

当院に来た患者さん全員に伝えてありますが、痛みというのは身体が「ちょっとおかしいから調べてくれ!」と私たちに教えてくれているサインです。この痛みというのが曲者で、90%身体の中で蓄積されていると言われています。身体が耐えて耐えて、耐えきれなくなった最後の10%が”痛み”として私たちに教えてくれます。

*事故などの直接的な衝撃の場合は除きます

 

 

上の画像を見てください。

どのように見えますか?

水がグラスから溢れていませんか?

 

今この画面をご覧になっているあなたの身体を「グラス」とします。

「水」は痛みの成分としましょう。

(日常生活における、”姿勢”であったり”転けた”とか”ぶつけた”などの衝撃、普段何を食べているかなどの栄養面、「疲れたー」「もうやりたくないー」などの思考も、この「水(痛み)」と深く関係してきます。)

 

それをコップに注いでいきます。

どんどん水が溜まっていきます。まだ身体は”痛み”として認識できません。

 

いよいよ水が淵まで近づいていき、とうとう溢れてしまいます。

 

この時点で身体は初めて”痛み”として判断します。

 

「グラス(身体)」が耐えうる許容量を超えてしまい「グラス」だけでは溢れた水をどうにもできなくなりました。

 

「グラス」自身が口を生やし、水をどこかに吸収することができれば話は違いますが、それも不可能です。

 

なので、この時点で外部に”溢れた水”を処理してもらう必要があります。

 

誰か”に!!

 

この”誰か”に処理してもらうため、周りの人にサインを出します。

 

これが、人間でいう”痛み”となります。

 

もうお分かりだと思いますが、痛みというのは許容量を超えた段階のものです。

 

「”痛み”を取ってくれればそれでいいんだ」

 

という人がほとんどだと思います。

実際、当院にもそのような患者さんは多いです。

そんな時、必ず伝えることがあります。

 

ちょっと待って!!

 

痛みを取る=「グラス」の中の水を空にする

 

ではありません。

 

周りに溢れている水のみを処理しているだけに過ぎません。

 

それでは、またすぐに水が溢れてしまいます。

 

カイロプラクティックの良いところは、「痛み(水)」だけに焦点を置かず、「身体の中にある原因(グラスになぜ水が溜まったのか)」を考えていきます。

 

原因を突き止め、

「グラスの中にある水ごと処理をしよう」

「なんならグラスの種類や大きさも変えて、水が溢れないようにしていこう」

「グラスに最高の仕事をさせようじゃないか!」

というのがカイロプラクティックです。

なので

 

痛みを取るだけがゴールではありません。

 

定期的なメンテナンスをはじめ、

原因を根本的に改善していく必要があります。

 

そして、

 

再発しない身体づくり。

100%の機能を身体が使えるように。

自己免疫力の向上。

 

この考えを当院は大切にしています。

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

西武池袋線 大泉学園駅 北口から徒歩1分の商店街の一角に当院はあります。1Fの角にあるので、とても助かるというお言葉も頂いています。また、外観がおしゃれすぎるためにサロンですか?と聞かれることもしばしば…

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

 

 

健康に関する情報などを不定期で更新!

 

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

 

No.235 「頭とお尻の骨は動いている」

2020.09.02 | Category: いろんなこと

みなさんのお尻の骨(仙骨)って、私たちの呼吸に合わせて動いているってご存知でしたか?

息を吸うと仙骨は後方に、息を吐くときには仙骨は前方に少しだけ動いています。

そして、私たちの脳を守っている大事な骨。頭蓋骨も実は呼吸に合わせて動いているんです!

 

どのように動いているのかというと、前から人を見た際に、息を吸う時は膨らむように頭蓋骨が広がっていき、息を吐く時は全体的に萎むように見えます。これらの変化は本当に極小なので本人は気がつきません。

この頭蓋骨と仙骨が呼吸に合わせて動くことをPrimary Respiratory Impulse(PRI) 第一次呼吸と言います。

 

私たちが呼吸をしている際に働く第一次呼吸に対し、横隔膜が働いていることを第二次呼吸というのですが、これら二つは密接に関係していて、どちらか一方が正常に動いているだけではダメなんです。なぜかというと、第一次呼吸や第二次呼吸が何らかの原因で正しく機能しなくなった場合に次のようなことが起こり得ます。

 

一つ目は、血管運動(Vasomotor)に生じた変化が体に影響を及ぼすケース。(お尻の骨(仙骨)が一定方向に回旋をしてしまい、それに付随している組織に”ねじれ”が生じ身体に影響が出てしまうなど…)

二つ目は、筋骨格系(musculo-skeltal)に生じた不均衡が全身に影響してしまうケース。(仙腸関節の上下に付随している筋肉が不安定な骨盤に伴い筋肉群が収縮してしまうなど…)

三つ目は坐骨神経痛や痺れ、痛みを避けるために片足に体重を乗せられない状態、足に力が入りづらいケース。

 

大きく分けてこの3つが考えられます。

 


では、一つ目のケースから順をおって説明していきたいと思います。

Vasomotor Dysfunction(血管運動が正常に機能していない場合):

この状態の場合に起こりうる症状は主に以下になります。

  • 背中・腰の痛み
  • 偏頭痛
  • アレルギー
  • 消化器系の機能不全
  • 呼吸がしにくい
  • 基礎代謝に違和感を感じる

 

これは脳脊髄液の循環機能に深く関係しているケースになります。このブログでは「Meninges(髄膜)」と呼ばれる組織に着目したいと思います。。髄膜は外側から硬膜・クモ膜・軟膜の3つに分かれていて、そのなかの硬膜は脊柱にある脊髄硬膜と脳硬膜と呼ばれるものにさらに分かれていくのですが、頭蓋骨内部まで続いておりFalx Cerebri(大脳鎌)(たての仕切り)やTentorium(横の仕切り)を形成しています。

 

 

これらは脳の組織をサポートしていて、仙骨を始めとする脊柱に骨膜に”ねじれ”や負荷がかかってしまうと脳髄膜にも影響を及ぼします。そして、脳脊髄液循環や脳内における静水圧(Hydrostatic pressure)にまでその影響は届いてしまいます。

静水圧が変化をするとそれにともない、Blood Brain Barriers(血液中の水溶性物質が、自由に脳細胞に到着しないようにするバリアの役目をもった機構。)や酸素、二酸化炭素、電解質やその他有機分子の濃度などにも変化をもたらしてしまう可能性があります。これにより、様々な症状が引き起こされると考えられています。


二つ目のケースです。

これは筋骨格系のバランスが崩れてしまっているために起こるものになります。この場合に影響するのは全身。

骨盤(仙腸関節)が安定していないと、その上下に付随している筋肉群が仙腸関節をサポートするために不要な収縮をしてしまいます。これが左右差を生み、やがて腰や肩、膝などにも影響してしまいます。

靭帯系の緩みとも大きく関係しているのがこのケースの特徴で、慢性的な腰痛四肢の痛み、顎関節症などとも関連しています。

 


三つ目のケースですが、これは上記でも述べた通りです、

「ヘルニアや坐骨神経痛、痺れなどで痛くて歩けません!」

そんな方がこのケースになります。

 


いかがでしたか?

お尻の骨って実はみなさんが思うよりもずっとずっと大事な役割を担っています。

骨盤がずれていると言われて骨格的な問題だけかと思ったら大間違い!

もしお尻の骨に興味が出てきたら一度チェックをしてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

ちょっと長くなってしまいましたが、今日はこの辺で。

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

西武池袋線 大泉学園駅 北口から徒歩1分の商店街の一角に当院はあります。1Fの角にあるので、とても助かるというお言葉も頂いています。また、外観がおしゃれすぎるためにサロンですか?と聞かれることもしばしば…

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

 

 

健康に関する情報などを不定期で更新!

 

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No.234「スマホを使うときは」

2020.08.26 | Category: お役立ち情報

このブログを読んでくださっている皆様は何を使って読まれていますか?

パソコンですか?

携帯ですか?

もし携帯で見られているとしたら、どんな体勢で見られているでしょうか?

 

ご自身の「今」の姿勢や体勢を気にされながら読んでみてください。

 

それでは、下の図をみてみましょう。

 

 

普通に起立をしている状態を0°として、15度前に傾いただけで首に約12kgの負荷が余分にかかってきます。

0°の時点で約5kg(頭の重さ)の負担がかかっているので、その分を計算すると約7kgの負担がプラスでのしかかっている状態になります。

 

7kg…2リットルのペットボトルを3.5本。

 

なかなかの重さになります。

 

今度コンビニやスーパーに行った時に、2リットルのペットボトルを3本持ってみてください!

その重さに驚くと思います。

 

 

しかーし!!!

多くの方は30°〜45°の間で携帯やパソコンを使っているのではないでしょうか?

30°-45°で20kg前後の負荷が肩にかかってきます。

スーパーに行った時10kgのお米袋を2つ同時に持ってみみましょう!

多分、なかなか重いと思います。

 

さて…

今どのくらいの角度でこの記事を読まれていますか?

普段どのようにパソコンや携帯をいじっていますか?

 

まさか。。。

 

 

こんなに良い姿勢で読んでくださっている方は少ないと思います。(残念ながら)

 

多くの方は、

このような感じで、前のめりになってしまっているのではないでしょうか?

 

 

もしかして…

 

こんな感じでパソコンやスマホをいじっていますか?

 

ちなみに、上の図ですと約27kgの負担が肩にかかっている状態になります。(もはや結構な筋トレです)

 

このような体勢でパソコンや携帯を使っていると、知らず知らずに肩の筋肉が固まってきてしまいます。

今では子供が肩こりで悩む時代です。(とんでもない時代になってきました。)

なぜかというと、スマートフォンの影響によるものが大きいからです。

 

以前、11歳の子供が肩こりからくる頭痛で来院されました。

肩こりの原因は日常生活においての姿勢が大きな割合を占めています。

日頃から、「今私はどのような姿勢になっている?」を意識して生活してみてください。

これを意識することによって、少しづつですが変化が出てきます。

肩こりというのは、1日ですぐに治る(肩がフニャフニャになっている)というものではありません。

 

日々の少しの意識が習慣を作り、習慣が体に変化をもたらしてくれます。

 

携帯(スマートフォン)を使うときも、パソコンを使うときもなるべく目と同じ高さに画面がくるのが理想ですね。

 

 

 

今日からできるものは、今日からどんどんやっていきましょう。

 

やったもん勝ちです!!!

 

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

西武池袋線 大泉学園駅 北口から徒歩1分の商店街の一角に当院はあります。1Fの角にあるので、とても助かるというお言葉も頂いています。また、外観がおしゃれすぎるためにサロンですか?と聞かれることもしばしば…

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

 

 

健康に関する情報などを不定期で更新!

 

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No.233 「Chronic stiff shoulder/ 50’s year old woman」

2020.08.24 | Category: English blogs

A 50’s year old woman visited Dr. K with struggling with chronic stiff shoulder on the left side. She had been to a lot of clinics such as SEKKOTSUIN, acupuncture, and even chiropractic as well. However, her complaint had never been resolved. Then she heard about Dr. K from her friend and decided to visit. Dr. K checked her spine and found subluxations on her T2 vertebra and 5th rib on the left. He adjusted T2 vertebra and 5th rib with drop table. After adjustment, the pain was decreased.  The spine and muscles are all connected, so NOT only the area where the patient complained about is the main problem but connected areas too. She told me this was first time to get an adjustment on her left rib. I explained her why the pain was eased by adjustment, and she understood the mechanism of our body.

 

If you have any questions, please not hesitate to contact me.

 

if you have any questions, please contact me.

 

 

【Facebook for Connect Chiropractic 】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【Japan Chiropractic Pediatric Association】

https://kidsinnate.com

 

【Facebook for JCPA】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

 

 

Please add me.

 

友だち追加

 

 

Connect Chiropractic Family Office

 

Doctor of Chiropractic

K

 

No. 232「子供とスマホ」

2020.08.19 | Category: キッズカイロ,症例

今日は当院の院長が所属している日本小児カイロプラクティック協会の記事を紹介します。ぜひご参考にしてくだされば幸いです。

**************************

「お子様の脳は活発に働いていますか?」

 

今回はこのテーマでいきたいと思います。

いきなりの質問ですが、この記事を読んでくださっているあなたはお子様に対しスマートフォンやタブレットを使うことに賛成ですか?それとも反対でしょうか?

携帯電話はこの20年で大きく変化しました。

誰かと簡単に電話できることに喜びを覚え、気がつけばメールでやりとりができるようになり、インターネットに接続して調べ物ができるように…

そして現在では動画視聴はもちろんのこと、お財布や定期代わりになり、アプリを使用しての会議も可能となりました。2020年5月の携帯電話国内出荷実績は109万台とのなっており、そのうちスマートフォン(以下スマホ)は87万台となっています。

このように驚くべき進化を遂げている携帯産業ですが、どうやら使い方にも注意が必要のようです。

東北大学加齢医学研究所所長の川島隆太教授の研究によると、調べ物をする際に紙ベースの辞書を使った場合と、インターネットを使用した時の脳の活動を比較した際、紙ベースの辞書を使用した方が脳(主に前頭前野)の働きが活発になることが分かりました。前頭前野とは「考える」「記憶する」「アイデアを出す」「感情をコントロールする」「判断する」「応用する」など、人間にとって重要な働きを担っている分野で、人間が人間らしくあるためにもっとも必要な存在といえます。

この研究で驚くべきことは、スマホを使用した際にこの前頭前野が「全く働いていない」ことです。既に、ゲームやテレビ視聴では前頭前野に抑制がかかることが分かっており、長時間の使用は言語知能の発達に悪影響を及ぼし、脳発達、特に前頭前野の発達に遅延が生じることが明らかになっています。川島教授は、これらの研究から長時間のスマホ使用も同様に前頭前野の発達に悪影響を及ぼすのではないか、と危惧されています。

2018年に行われたアメリカの研究では、1日平均2時間以上タブレット端末を使用した子供たちは言語及び思考テストのスコアが低下し、7時間以上使用した子供たちは論理的、客観的思考などに関連する大脳新皮質が薄くなっていることが分かりました。

他の研究では、2歳以下の子供は画面をじっと見ていてもほとんど理解や学習はしておらず、人から学習することがわかっています。言語発達は1歳半から3歳の間に急速に進みますが、子供たちが最も言語を習得するのは大人と話したり遊んだりするときであると報告されています。また、小学校低学年でテレビなどを多く見る子供たちは、読解力が低下したり注意力が欠如しやすい傾向があるとされています。

当院で患者さんとお話しさせていただく際は、小さいお子様のことを考えるとやはりおもちゃや絵本など手にとって遊べるもの、音がなるものなど。小学生のお子様には自然に触れることの大切さや本に触れることの必要性などを伝えさせて頂いております。もちろん各ご家庭の教育方針がありますので、可能な限り無理のない形で行ってくださいねという言葉も重ねてお伝えしています。

時代が進むにつれて生活が便利になりましたが、それと同時に今まで当たり前にできていたものができなくなってしまっているように感じます。情報収集が容易にできる今だからこそ、情報に踊らされることなくしっかりと本質を見定めて頂ければと思っています。

もしお子様のことで少しでも気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

ではもう一度お聞きします。

 

 

「お子様の脳は活発に働いていますか?」

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

西武池袋線 大泉学園駅 北口から徒歩1分の商店街の一角に当院はあります。1Fの角にあるので、とても助かるというお言葉も頂いています。また、外観がおしゃれすぎるためにサロンですか?と聞かれることもしばしば…

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

 

 

健康に関する情報などを不定期で更新!

 

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

【引用文献】

https://kidsinnate.com/post011/

 

 

お気軽にご相談ください!コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィス
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
ご予約はこちら

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口より徒歩1分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。