- 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある脳から続く神経が通る空洞(神経の通り道)があります。これを脊柱管と呼びます。これが狭くなり神経が圧迫されると、安静にしているときにはほとんど症状はありませんが、歩く際に腰から足にかけてしびれや鋭い痛みが生じ歩きづらくなることや、一時的にそれ以上歩くことが困難になります。

腰を前に曲げて休むと、これらの症状が軽減され再び歩くことが可能になります。これを「間欠性跛行(かんけつせいはこう」と言います。
この間欠性跛行が悪化すると、連続して歩ける距離が徐々に短くなり、細切れにしか歩けなくなります。さらに悪化していくと、排尿や排便にまで障害が出るようになります。

病院に行くと薬物治療、装具治療や温熱治療、もしくは牽引治療などの方法を用いて改善を試みますが、それでも改善が見られない場合は神経ブロック注射をし、それでも症状が変化しない場合や悪化した場合などは手術などの選択肢を考えます。

当院ではどうするのか?

当院では、問診をはじめ全身をチェックしてどこが原因かを見つけていきます。

なぜかというと、足にかけて痺れがあるからそこが単に原因であるというわけではありません。日常生活において食生活、運動頻度、精神ストレスをはじめ骨格の歪み、筋肉の状態など様々なものが関連してきます。
筋肉のバランスが原因であるとした場合、

「なぜ筋肉のバランスが崩れるのか?」
「崩れる原因はどこにあるのか?」

まで遡っていく必要があります。
ですので、当院は問診を重要視しています。
症状は一つであっても、起こる理由は一人ひとり違います。
そして、それらの原因を改善していき身体の機能を100%働かせることができるのであれば、身体は自然と回復していきます。


・原因を取り除く必要性については「院長挨拶」をご覧ください。

・カイロプラクティックについては「カイロプラクティックってなに?」をご覧ください。

・少しでも気になった方はお早めにご相談ください。


アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口 徒歩2分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。