- 施術方法について

施術方法について

SOT (仙骨後頭骨テクニック)

カイロプラクティックには数多のテクニックが存在しますが、その中でも患者さんへの負担が少ないテクニックと言われており、仙骨(おしりの骨)と後頭骨(あたまの骨)の呼吸メカニズムの調和を大切にしているテクニックです。
仙骨は脊柱の中でも多くの役割を持っていますが、その役割の一つに脳脊髄液を脊柱の土台から脊髄を通して脳と神経システムへ送り戻す役割(ポンプの役割)を持っています。

後頭骨も同じようにポンプの役割を持っていて、仙骨と後頭骨の二つのポンプを使い、脳脊髄液を一定のリズムで循環させて脳と身体の健康を維持しています。

この脳脊髄液の循環がスムーズに行われないと、めまい・頭痛・肩こり・腰痛または全身にあらゆる痛みが出るなどの原因となります。
SOTは脊柱をはじめ脳脊髄の調整だけでなく、内臓・頭蓋骨調整・顎関節などとも深く関係し神経機能に大きく影響してきます。
SOTは独自の三角形のブロックを使い仙腸関節を矯正していくのが特徴で、患者さん自身の体重を使い施術を行っていきます。患者さんご自身の体重で矯正するので全く痛みを感じないため、子供から大人まで安心して施術を受けられます。

Thompson Technique(トムソン・テクニック)

当院で使うメインテーブルの紹介をいたします。

一般的な平台のテーブルとは違い、頭部・胸部・腰部・骨盤部ごとに独立した状態で設置されていて、一つ一つにドロップ機能がついているのが特徴です。

下に落ちる力(ドロップ機能)を利用することにより、少ない力で施術をしていくことが可能となります。平台のテーブルの上で施術するよりも遥かに患者さんへの負担が軽減できることから、多くの患者さんに支持されています。

Flexion-Distraction(コックス・テクニック)

日本国内におよそ100台程度しか入ってきていない、屈曲牽引ができる特殊なテーブルでおこないます。

このテクニックは椎間板と髄核の動きに注目していて、屈曲や進展をさせることで椎間の内圧を調整し、髄核を正しい位置に戻るように働きかけます。脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどに顕著な効果を上げている技術です。

Webster Technique(ウェブスター・テクニック)

妊婦さん用枕

ウェブスター・テクニックというのは妊婦さんのためのテクニックです。

子宮を「宙に浮いている風船」とイメージしてください。
次に、風船(子宮)の両サイドに紐(靭帯)が垂れ下がっています。
もし、片方の紐(靭帯)だけに下から引っ張る力が加わったらどうなるでしょうか?
風船はずっと傾いた状態(バランスが崩れた状態)になってしまいます。
そのバランスが崩れた状態の中に赤ちゃんがいるとしたら…

子宮を支える骨盤や筋肉および靭帯のバランスを改善していくことで子宮内外の緊張を軽減させることにより、お腹の中の赤ちゃんにとって過ごしやすい環境を提供することができる技術です。

※施術には妊婦さんがうつ伏せになれる専用の枕を使用いたします。
※ウェブスター・テクニックの正規資格取得者は日本に数人しかいません。


アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口 徒歩2分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。