- Blog記事一覧 -1月, 2022 | 練馬区(大泉学園) コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィスの記事一覧

1月, 2022 | 練馬区(大泉学園) コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィスの記事一覧

日本小児カイロプラクティック協会記事の紹介

2022.01.28 | Category: 症例

当院の院長が副会長を務めています「日本小児カイロプラクティック協会」の記事を紹介させていただきます。

 

協会の記事は各月担当のDC(ドクター・オブ・カイロプラクティック)が執筆しています。

 

今回は当院院長の高橋DCが執筆担当です。

ぜひご一読いただければと思います。

 

No.028 うちの子の運動能力は大丈夫?

 

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No. 292 「脊柱管狭窄症のケース」

2022.01.26 | Category: 坐骨神経痛,症例

腰痛がつらく、病院で脊柱管狭窄症と診断された50代女性のケース。

 

たくさんネットで調べてご来院くださったとのこと。

 

MRIの画像をお持ちくださり、画像を確認しながら問診。

痛みと痺れが腰全体にあり、1日のうちに何回か電気が走るような痛みが太ももの前から膝にかけて走るとのことでした。

 

画像では腰椎の4番目の骨が変形していて、5番目の骨との隙間が狭くなっていました。

多くの病院では、台の上に仰向けになり両足を曲げ、下半身を固定し全体を牽引していく方法をとっていますが、今回の患者さんでは効果が薄かったみたいで痛みは変わらなかったとのこと。

 

当院では、うつ伏せになってもらい足を固定し牽引したい骨をメインにアプローチしていきます。

 

牽引したい骨のみにアプローチできるので、大きな違いが感じられます。

 

可動域検査をしていくと、頚椎5番目、胸椎7番目、腰椎4番目に顕著な可動域の低下がみられました。

頚椎と胸椎は当院にあるドロップテーブルにて施術。

 

腰椎に関しては上記の特殊牽引テーブルを使用しました。

問題とされる箇所のみを調整していくので、患者さん本人も違いを感じられたみたいで、腰回りが楽になったと仰ってくださいました。太ももから膝にかけて走る痛みは経過をみますとのことでした。

 

後日ご来院なさったら、また報告させていただきます。

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No. 291「痛みの話」

2022.01.19 | Category: 症例

今回は、半年に一回くらいこのブログに登場する「痛み」について話したいと思います。

 

「痛み」「違和感」を私たちは”なぜ”感じるのでしょうか?

 

痛みというのは身体が「ちょっとおかしいから調べてくれ!」と私たちに教えてくれているサインとなります。

この”痛み”というのがかなりの曲者で、90%身体の中で蓄積されていると言われています。

身体が耐えて耐えて、耐えきれなくなった最後の10%が”痛み”として私たちに教えてくれます。

*事故などの直接的な衝撃の場合は除きます。

 

 

上の画像を見てください。

 

水がグラスから溢れていませんか?

 

このグラスをあなたの「身体」と例えます。

「水」は”痛みの成分”として考えてみてください。

(日常生活における”姿勢”、”転けた”、”ぶつけた”などの「衝撃」、普段何を食べているかなどの「栄養面」、”疲れた”、”もうやりたくない”、”〇〇が嫌だ”などの「思考」も、この「水(痛み)」と深く関係してきます。)

 

水(痛みの成分)がグラスに溜まっていきます。

どんどん水が溜まっていきます。まだ身体は”痛み”として認識していません。

水がグラスの淵まで近づいていき、とうとう溢れてしまいます。

 

この時点で身体は初めて”痛み”として認識します。」

 

「グラス」が口を生やし、水をどこかに吸収することができれば話は違いますが、それは不可能。

 

この時点で”誰か”に、外部へ”溢れた水”を処理してもらう必要があります。

この”誰か”に処理してもらうため、周りの人にサインを出します。

 

これが、人間でいう”痛み”となります。

 

「痛み=体からのサイン」

 

痛みというのは、その人の許容量を超えた段階のもの。

 

「”痛み”を取ってくれればそれでいい」

 

このような人がほとんどだと思います。

 

実際、当院にもそのような患者さんは多いです。

そんな時、必ず伝えることがあります。

 

痛みを取る=「グラス」の外に溢れた水を処理する

 

ではありません。

 

上の図で振り返ると、周りに溢れている水のみを処理しているだけに過ぎません。

 

それでは、またすぐに水が溢れてしまいます。

大切なのは「痛み(水)」だけに焦点を置かず、「身体の中にある原因(グラスになぜ水が溜まったのか?)」を考えていくことです。

 

原因を突き止め、

「グラスの中にある水を処理をしていく」

「水が溜まらないようにするにはどうすれば良いのか?」

 

体の中にある原因を見つけ、痛みや症状が再発しない体へと変化していけるのがカイロプラクティックの素晴らしいところ。

カイロプラクティックは脳と体のつながりを助け、体の機能を100%使えるようにしていきます。

アメリカでは、予防医学として0歳の赤ちゃんから100歳のご年配の方まで施術を受けられています。

日本でも多くの方に理解され、カイロプラクティックが普及してくれればいいなと願っています。

 

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

 

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No. 290 「肩こりが酷く疼く」

2022.01.12 | Category: 症例,肩こり

テレワークでの仕事が当たり前となり、ご自宅でのパソコン業務のため体が悲鳴をあげるというケースが最近増えました。

 

今回のケースもその中の一つになります。

 

左肩がムズムズするように疼き、ストレッチしてもマッサージしても良くならないとのことでした。

実際、いくつかマッサージに行かれたみたいですが夜になると戻ってきてしまい、どうしようかと悩まれていたようです。

 

ネットで検索されて当院を見つけてくださいました。

 

 

検査をすると、頚椎5番目と胸椎2番目がカチコチになっていて動きが全くありませんでした。

また、それを補おうと6番目の肋骨(左)の動きも悪くなっていました。

 

これらの骨の動きが筋肉に影響し体が悲鳴を上げている。

 

当院のテーブルを使い施術をさせてもらったところ、だいぶ軽くなったとのこと。

疼きが10分の1になったとおっしゃってくださいました。

 

最後に筋膜リリースをすると、疼きがゼロに!

ただ、お仕事が忙しいとのことだったので、近いうちにもう一度見させてくださいとお伝えさせていただきました。

 

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No. 289 「膝が痛い」

2022.01.05 | Category: 症例,腕・肘・膝・足の痛み

階段をあがった時に右膝が痛くなるとお困りの90歳の女性の方のケースを紹介します。

 

整形外科に行くと「歳のせい」と言われ、シップと痛み止めをもらうだけで痛みは何も変わらないと嘆かれていました。

 

当院のことは娘さんが調べてくださり、お越しいただきました。

 

検査すると、首の1番上の骨が右に大きくずれており、膝関節の動きも著しく低下していました。

この動きの低下により膝周りの筋肉や、それに関わる組織に負担が蓄積され、本人の許容限度を超えたと予想できました。

 

まずは首の骨を矯正し状態を確認しました。

当院にあるステップ台に乗ってもらい痛みの感じ方を確認。

施術する前と比べると痛みが軽減したとのこと。

 

当院にあるドロップベッドで膝を矯正し、特殊電気を使った後に再度確認。

今度は痛みもなく、ステップ台に上がることができました。

 

ご年齢と体の状態を考え、1週間以内に痛みが3割程戻っていくことを伝えさせていただきました。

 

2回目の来院時に確認させてもらうと、やはり少し痛みが出てきたとのこと。

首や膝関節の動きは前回の施術前と比べると動きは格段にいい状態。

ただ、ほんの少しだけ動きが悪くなったという感じです。

 

少しずつ体はいい状態に変化しているのがわかります。

2回目の施術後は1回目より体が軽いと仰ってくださいました。

 

この繰り返しで、お身体はゆっくりと回復していきます。

長年の積み重ねで痛みが出ているので、関節が常に良い状態で動いてくれるには少しお時間がかかることを当院では伝えさせてもらっています。

また、日常生活でのアドバイスや気をつけることなどもお伝えしております。

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

お気軽にご相談ください!コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィス
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口より徒歩1分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

毎週 水曜日、木曜日

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。