- Blog記事一覧 -腰痛 | 練馬区(大泉学園) コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィスの記事一覧

腰痛 | 練馬区(大泉学園) コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィスの記事一覧

No. 303 「右の仙腸関節が痛い」

2022.06.08 | Category: 症例,腰痛,関節の痛み

50代女性のケースを紹介します。

 

右側の仙腸関節が常に痛く、歩くのも一苦労で仕事中は痛み止めを飲んでいるとのこと。

他のカイロプラクティック院に半年通っていても一向に良くならないし、「この先、治るかわからない」と言われたので一度見てもらいたいとお電話。

当院にお越しになる前に、一度提携している整形外科でレントゲンを撮ってきていただけませんか?とお伝えし、後日レントゲンを持参されご来院。

仙腸関節炎とのこと。

実際レントゲンをみると、仙腸関節のところがモヤモヤと白く炎症がおきていて納得。

 

検査をしていくと、右側の骨盤(Ilium)が外側にやや開いている状態(EX)になっており、上部頸椎もズレていました。また、歩き方を見ていると足首を上手に使えていないことがわかりました。

 

施術は当院のドロップテーブルを使用して行いました。

上部頸椎と骨盤を施術させてもらい歩いてもらうと、少し痛みは減ったかな?程度でした。

そして、足首を施術させてもらい再度確認すると5割痛みが取れました。

最後に超音波を使用し炎症をとっていきました。

初日はここでストップ。

体の変化を確認する必要があるので、3日後にお越しくださいとお伝えしました。

 

仙腸関節炎の痛みは、炎症が強いとすぐに痛みが取れていくという感じではなく、波がありながら少しずつ消えていくという感じですと説明させてもらいました。

特に仙腸関節は体重が一番かかるところなので時間がかかる場合があります。

 

3日後、痛みが8割戻ってしまったと報告を受けました。

再検査をし、仙腸関節の施術と超音波を使用。

他、必要箇所を施術し5日後に来ていただくことに。

 

5割程の痛みが戻り減りを繰り返し、5回目の施術で2割に減少。

8回目の施術で1割程で過ごせるようになり、12回目の施術でほぼ痛みを感じなくなりました。

 

1回の施術で治してほしいという患者さんがたまにいらっしゃいますが、お体は時間をかけて変化していくものです。痛みの原因を作り出した期間の倍、回復時間が必要と言われております。

どうしても、回復に時間がかかってしまいます。

健康は「積み木」と同じで積み上げるのは大変ですが、壊れるのは一瞬。

そこから、元の高さまで積み上げる(状態に戻す)には相応の時間と労力が必要になってきます。

そのことを理解し、日々の生活スタイルを見直すきっかけにしていただければ幸いです。

日常生活のふとした習慣であったり、癖が実は…というのが少なくありません。

 

もしわからないことなどあったら、お気軽にご連絡ください。

 

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No. 302 「ギックリ腰」

2022.06.01 | Category: 症例,腰痛

この時期になるとギックリ腰の患者さんが多くなりますが、今回は筋トレ中に腰を痛めた30代の男性のケースを紹介させていただきます。

 

パーソナルジムではなく、自分で大衆のジムに通い、腕のトレーニングをしていたとのことです。

いつもよりも重い重量を扱っていたとのことでした。

 

重さがいつもよりあるため、姿勢が崩れやすく「ちょっとキツイな」と思った矢先に”ピキッ”と腰に電気が入り動けなくなってしまったとのこと。

 

翌日は絶対に外せないミーティングがあり、どうしても明日までには動けるようになっておかないとのことでした。

 

検査をしていくと、頚椎と仙腸関節の右側がかなりズレており、首の左側の筋肉、腰の右側の筋肉がパンパンに張っている状態でした。

歩くのもゆっくりで、足をあげるのも一苦労とのこと。

仰向けで寝るのが辛いということで、うつ伏せで検査及び施術をしていきました。

 

仙腸関節と頚椎を施術したところ2割回復。

 

少し歩けるようになったので、特殊電気を仙腸関節に使用。

その後、再度仙腸関節を施術。

仙腸関節の施術のあとに仙骨のズレも調整しました。

その後、歩行訓練。

歩いてのリハビリメニューをしてもらいました。

これで7割回復。

 

再び特殊電気を使用しリハビリ。

すると、ほぼ痛みが消え普通に歩けるようになったと喜ばれました。

 

翌日は、寝ている状態で筋肉が固まってしまいがちなので、朝イチにやってもらうこと、また3日後に再検査させてくださいとお伝えしました。

 

ぎっくり腰の場合は初期対応の仕方で大きく回復スピードが変わってきます。

 

痛めてしまった場合はすぐに”冷やすこと”。

「温めたら楽だから」

と温めるのは患者さんの自由ですが、その後取り返しのつかない激痛に襲われます。

 

必ずキンキンに冷やしてくださいね。

 

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No. 287「ぎっくり腰のケース」

2021.12.15 | Category: 症例,腰痛

先日、当院の患者さんから「ギックリ腰で動けない友人を連れて行ってもいいですか?」

とご連絡がありその日の夜にお越しいただきました。

 

腰の辺りでピキっと痛みがはしり、これはおかしいなと思い”温めた”とのことです。

最初は痛みが和らぎ、治るかなと思ったが、しばらくすると痛みが急激に強くなり身動きができない状態に…

 

車を当院の目の前に横付けし、ご来院。

座ることができないので、立った状態で問診をし検査開始。

首や腰の表面ではなく、奥の筋肉に炎症が強く起こっていました。

可動域検査は怖くて曲げることができないとのことで、触診のみのチェック。

腰椎5番目まわりの皮膚が急性症状とみられる状態になっていました。

また、右仙腸関節につよい炎症を確認。

 

当院の特殊なテーブルを使いうつ伏せの状態で仙腸関節と腰椎を施術すると、きちんと足が前に出て歩けるように!

まだ怖さはあるとのことで、腰回りだけでなく最後に首を施術をしたとことろ、怖さもすっかりなくなり普段通りに歩けるようになりました。

 

患者さんは、1週間くらい動けないものと思っていたとのことでとても驚かれていました。

 

ぎっくり腰などの急性的な痛みの場合は、体が守ろうと筋収縮を起こしやすくなるため痛みが戻りやすく、期間をあけずに施術することが最も効果的です。この1週間は腰をキンキンに冷やしてくださいと加えてアドバイスをさせて頂きました。

 

ギックリ腰などの急性的な炎症の場合は、温めるのではく冷やすのが正解!

温めると血流が良くなり筋肉が動くようになるので、痛みが一時的に緩和されますが、その後に衝撃的な痛みが襲ってきます。

「えー冷やすんですか?」

とよく聞かれますが、冷やしてください!

キンキンに冷やしてください!

 

10〜15分くらい冷やすのを1セットとし、可能であれば1時間に1回。

難しいようであればシャワーを浴びた後など、冷やせる時にお願いします。

また、お風呂は控えていただき、シャワーでお願いしますとも伝えています。

 

 

初期対応がとても大事になってくるので、ぜひ覚えておいてください!!!

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No. 286 「軽度ヘルニアのケース」

2021.12.08 | Category: ヘルニア,坐骨神経痛,症例,痺れ,腰痛

今回は軽度ヘルニアでお困りの40代女性のケースを紹介したいと思います。

当院にお越しになられた際にMRIをお持ちくださいました。

 

*レントゲンやMRIをお持ちいただけると、詳しく現在の状況や治療方法をお伝えできます*

 

1ヶ月前に腰椎の4番目と5番目の間で軽度のヘルニアをおこしていて、胸椎にも圧迫骨折を過去に起こした形跡があると整形外科からの診断。週1回のリハビリをしているが、腰が痛いまま変化はなく右足に痺れもあるとのことで接骨院や整体、マッサージにも同時に通ったが改善せず。何か他に方法はないかと当院のことをインターネットで見つけてくださいました。

 

検査をすると腰椎4番目と5番目の周りの筋肉がガッチリと固まっていました。可動域検査も痛みを感じないよう最小限の動きでチェック。その他の背骨の動きも検査していったところ、頚椎5番目、胸椎2番目、腰椎4番目の動きが特に悪く、患者さん自身にも確認のために少し圧をかけて骨を触ってみると「あー確かに!」と違和感を感じられていました。

 

当院にあるドロップテーブルを使用し施術を開始、ヘルニアの方でも痛みを感じずに頚椎や腰椎の施術が可能となる特殊なものになります。

 

その後は三角形のブロックを使った施術。

ヘルニアが起きている部位や骨盤を、患者さん自身の体重で施術をしていくユニークな方法になります。

こちらの三角形のブロックを使った施術は、90歳のご年配の方でも安心して施術を受けられるものになります。

 

施術が終わると患者さんの腰回りはスッキリしたみたいで、痺れもなくなり喜んでくださいました。

 

”痛み”は長年の生活習慣やストレス、癖によって作られた”痛みの成分”が蓄積された結果によるものが大きく(交通事故を除く)、2〜3回の施術までは、体は施術前の状態に戻ろうとする力が強く働くため、「痛みが少しだけ戻ると思います」とお伝えしました。

 

患者さんは、毎回の施術後に痛みを感じることなく、どんどん右肩上がりで良くなっていくと思いがちです。

 

しかし、体というものはそんなに単純なものではなく、ストレスや癖、生活習慣などにより以前の状態に戻ろうとする力が働きます。2〜3回の施術後までは、痛みが少し戻るけれど当初ほどではなく確実に良くなっている(痛みが減っている)という状態になり、施術5回後になっていくと痛みが気にならない状態になってくるというイメージです。

 

体は積み木とよく似ているとお伝えしています。

積み木を高く積み上げていくのはバランスなどを考えながらの作業でとても大変ですが、崩れるのは一瞬。

健康も維持したり、向上させるには努力が必要ですが、体を壊すにはそんなに時間は必要ありません。

 

日々の姿勢、食事、運動、睡眠などどれが欠けてもダメなんです。

「運動をこれだけ頑張った!!!」

 

ではなく…

 

最初は一つをものすごく頑張るのではなく、ほどほどにバランス良く生活してもらえたら良いスタートなんじゃないかなと思います。

「適度に適当に」

ほどほどに肩の力を抜いて、できることから始めて行きましょう!!

 

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No. 284 「ゴルフのコンペにて腰負傷」

2021.11.03 | Category: スポーツに関する症例,症例,腰痛

ゴルフのコンペが先日にあり、終わってから腰が痛くなってしまたとのことでした。

 

「どこが痛みます?」

 

と聞くと、右腰の上の方とのこと。

かなりの打数を叩いたみたいで身体が無理をしていたのがすぐ分かりました。

 

右上の横にある筋肉群が、身体を守るために一生懸命固まってくれてたんですね。

 

筋肉のお仕事は収縮することなので、今回はかなりハードに仕事をこなしてくれていました。

 

ここで疑問が生まれませんか?

 

「なぜ筋肉が固まってしまったのか…」

 

筋肉は収縮するのが仕事だと説明しましたが、かならずそこには何らかの理由があります。

 

今回はダフったり、かなり不安定なところから打ったりすることが多かったため、バランスをとるために終始身体を傾けたり無理な体勢から打ったりを重ねていたそうです。

 

そのため、右側に負担がかかり骨盤からズレが生じてしまいました。

 

筋肉は骨につながっています。

骨は筋肉とつながっています。

 

双方のバランスが一方でも崩れると、お互いをカバーしようとします。

その負荷が積み重なり、身体が耐えうる許容量を超えた時に「痛み」として感じます。

 

ゴルフをやられている方に多いのですが足首にも負担がかかることが多いです。

不安定な場所から打たなければいけない状況では下半身を固定させようとするため、足首にも負担がかかりやすくなります。ぜひ足首の可動域を左右比べてみてください。足首を捻挫したことがある人や足の指を骨折したことがある人、打撲の経験がある人などは要注意です。身体が潜在意識としてその場所をカバーしようとする場合が多く、どちらか片方に体重が乗っていることはありませんか?

 

今回の右腰の上の痛みですが、骨盤を施術させていただいたところ、だいぶ緩和されたとのことでした。

 

右足首も施術させてもらったところ「あっ!これ違うね!あー痛くない!」と言ってくださいました。

 

 

身体は複雑ゆえに面白く、複雑ゆえに難しいものです。

 

症状ばかりを追いかけて根本的なところを治さないのはもったいない!

 

軽くなった。楽になった。痛みが取れた。

 

では、

まだ治ってはいません。

 

この画像は回復に向けてのグラフになります。

 

「痛みが取れた」

 

というのは”黒い〇”をしてある箇所になります。

 

痛みというのは90パーセントが身体の中で”痛み成分”として蓄積されていき、残りの10パーセントで身体のそとに「痛み」として出されます。

 

痛みを取り除いたとしても90パーセントの”痛み成分”は身体の中でまだ溜まっている状態です。

 

なので、その後何もしないと、このグラフのようにまた昔の痛みへと逆戻りになってしまいます。

 

健康への第一歩を踏み出せたので、せっかくなので再発しない身体も、手に入れてしまいましょう!!

 

定期的なメンテナンスがとても大事になってきます。

 

この時期は一年でも一番というほど身体を壊しやす時期でもあります。

なので、年末年始にむけて身体のメンテナンスをしていきましょう!!

 

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

お気軽にご相談ください!コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィス
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口より徒歩1分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

毎週 水曜日、木曜日

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。