- Blog記事一覧 -No. 190 「逆子ちゃんだけど大丈夫?」

No. 190 「逆子ちゃんだけど大丈夫?」

2020.03.10 | Category: マタニティカイロ,症例

今日はこんなテーマで話していきたいと思います。

 

「逆子ちゃんだけど大丈夫?」

 

結論から言うと”大丈夫”です。

 

ここで大丈夫と言うのはいろいろと意味がありますので順を追って説明していきますね。

 

まず大切なのは赤ちゃん自身が「自分が一番都合の良いポジションを知っている」と言うことをお母さんが知っておくということです。

 

当院はカイロプラクティック院ですので、カイロプラクター の視点で妊婦さんと逆子について説明していきますね。

 

「逆子ってどんな状態?」

 

まずはここから説明をしないといけません。

 

 

上の写真でいうと左側が”逆子”と言われるものになります。

 

右側が正常な赤ちゃんの位置になります。

 

妊娠中期ごろまでは、赤ちゃんにとって子宮内は広く、活発に動き回ることのできるゆとりがあります。

そのために赤ちゃんは様々に向きを変えながら過ごしています。妊娠週が浅い段階では、分娩時の赤ちゃんが”逆子”になっていることを予測することはできません。妊娠後期に入り、体が大きく成長すると、赤ちゃんは最も重い頭を下に向けた「頭位」という状態で落ち着きます。

妊娠中期(27週未満)での逆子の割合は全妊娠の20%~30%ですが、このほとんどは分娩時には頭位になります。

(妊娠37週時点での逆子の割合は、全分娩の約3%と言われています。)

 

赤ちゃんの頭が下向き、及び背中がお母さんの左側(上の写真)に位置するのにもきちんとした理由があります。

簡単に言うと人間の構造的に、左側に赤ちゃんの背中がくるのが一番負担のかからないポジションになります。

(ぜひ、覚えておいてくださいね)

 

では、話を戻しましょう!!

 

 

「妊婦さんに対して施術は必要なのでしょうか?」

 

 

骨盤が”バランスを崩す”とどうなるのか…

 

上の図でRound Ligamentと書いてある紐みたいなのありますよね?

これは日本語で子宮円策というのですが、骨盤の”バランス”や”歪み・ズレ”が生じると、子宮を支える円策のバランスも崩れてきます。

子宮円策のバランスが崩れるとどうなるのでしょうか?

 

 

「空中に浮かんでいる風船」をイメージしてみましょう!

 

一つの風船の左右に2本の紐が垂れ下がっているとします。

そして、その2本の紐をバランスよく1本ずつ左右の手持ちます。

 

 

そうしましたら次です!

 

どちらか一方の紐を下に引っ張ります。

 

このとき風船はどうなるでしょうか?

 

「どちらか引っ張った方に風船は傾く」ことになると思います。

 

さて、風船についている紐が子宮円策であるなば、風船は子宮になりますよね?!

子宮の中には赤ちゃんがいます!!!

赤ちゃんの”寝室”ですね!

子宮の状態が安定していないと、赤ちゃんもゆっくり落ち着くことができません。

 

そして、赤ちゃんは常に「一番過ごしやすい場所」を探して動きます…

 

これが、逆子の原因になったりその他の悩みの原因である可能性が高いのではと言われています。

 

妊婦さんにカイロプラクティック?」

 

と疑問を持つ方もいるかと思いますが、「妊婦さんだからこそ!!」です。

骨盤だけでなく脊柱をはじめとした身体のバランスを整えることは、

「お腹の赤ちゃんにも良い環境を作ってあげている」

ということを忘れないでください。

「お腹の赤ちゃんのためにカイロプラクティックを受けに来ました」

という言葉が自然と聞くことができるように、これからカイロプラクティックが正しい方向で広まればいいなと思っています。


 

当院の院長はアメリカのICPA(国際小児カイロプラクティック協会)の200時間に及ぶ小児・マタニティカイロの専門教育を受けています。

また、日本に4人しかいない、妊婦さんに安全にそして抜群の効果をもたらしてくれるウェブスター・テクニックの正規提供資格を取得しています。

*色が変わっている上4人のドクターがウェブスター・テクニックの資格取得者になります。

 

赤ちゃんにとって最良の環境を作ってあげることができるのも、カイロプラクティックならではの素晴らしさではないかなと思っています。

 

最後に…

 

当院にお越しいただいた妊婦さん全員にお伝えしていることがあります。

それは、「今あなたが食べているものや行動、考え方、ストレスなどはお腹の中の赤ちゃんにダイレクトに影響しますよ」

 

糖分を多く摂取してしまっているのであれば、生まれた赤ちゃんもその影響を少なからず受けてしまいますし、ストレスを多く感じながら妊婦期間を過ごされていたお母さんの子供は、ストレスや他のちょっとしたことにも敏感に反応してしまうようになります。

 

このように妊婦さんというのは多くのことに意識を向けながら生活をしなくてはいけません。

その環境をサポートするのもカイロプラクターの役割だと考えています。

カイロプラクティックというのは、神経の流れを…と説明をさせていただくのですが(大事な考え方なので)、患者さんの考え方やこれからの在り方、つまりはどのようにするとお腹の赤ちゃんにとってより良い環境に身を置くことができるのかというのを示してあげるのも大切なことだと考えております。

 

脊柱の中にある原因を調べて…というのも大切なことです。

これだけはもう一度言っておきますね。

 

 

 

 

赤ちゃんはお母さんの子宮の中で約40週をかけて成長していきます。

悪阻を経験しました。

とても重い悪阻だったかもしれません。

母子手帳を受け取り「出産」という言葉の実感がさらに高まりませんでしたか?

すくすくと成長し、妊娠線がはっきりしてきました。

これまでに、栄養面や運動量に気を配ってきましたね。

いろんな本を読んで勉強されたのではないですか?

「少し早いかな?」と思いながらも

生まれてくる子供のお洋服を選んでいますか?

 

 

あともう少しですね。

 

 

 

「おめでとうございます!」

 

 

 

 

 

 

西武池袋線 大泉学園駅 北口から徒歩1分の商店街の一角に当院はあります。1Fの角にあるので、とても助かるというお言葉も頂いています。また、外観がおしゃれすぎるためにサロンですか?と聞かれることもしばしば…

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

 

 

健康に関する情報などを不定期で更新!

 

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

K

 

 

 

 

 

参考資料:

https://medicalnote.jp/contents/151126-000017-MRUBYE

 

引用画像:

https://www.google.co.jp/search?q=round+ligament&rlz=

https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E7%84%A1%E5%9C%B0&srt=dlrank&pp=70&p=9

 


お気軽にご相談ください!コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィス
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
ご予約はこちら

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口より徒歩1分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

毎週水曜日/第2、第4木曜日

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。