- Blog記事一覧 -坐骨神経痛 | 練馬区(大泉学園) コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィスの記事一覧

坐骨神経痛 | 練馬区(大泉学園) コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィスの記事一覧

No. 292 「脊柱管狭窄症のケース」

2022.01.26 | Category: 坐骨神経痛,症例

腰痛がつらく、病院で脊柱管狭窄症と診断された50代女性のケース。

 

たくさんネットで調べてご来院くださったとのこと。

 

MRIの画像をお持ちくださり、画像を確認しながら問診。

痛みと痺れが腰全体にあり、1日のうちに何回か電気が走るような痛みが太ももの前から膝にかけて走るとのことでした。

 

画像では腰椎の4番目の骨が変形していて、5番目の骨との隙間が狭くなっていました。

多くの病院では、台の上に仰向けになり両足を曲げ、下半身を固定し全体を牽引していく方法をとっていますが、今回の患者さんでは効果が薄かったみたいで痛みは変わらなかったとのこと。

 

当院では、うつ伏せになってもらい足を固定し牽引したい骨をメインにアプローチしていきます。

 

牽引したい骨のみにアプローチできるので、大きな違いが感じられます。

 

可動域検査をしていくと、頚椎5番目、胸椎7番目、腰椎4番目に顕著な可動域の低下がみられました。

頚椎と胸椎は当院にあるドロップテーブルにて施術。

 

腰椎に関しては上記の特殊牽引テーブルを使用しました。

問題とされる箇所のみを調整していくので、患者さん本人も違いを感じられたみたいで、腰回りが楽になったと仰ってくださいました。太ももから膝にかけて走る痛みは経過をみますとのことでした。

 

後日ご来院なさったら、また報告させていただきます。

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No. 286 「軽度ヘルニアのケース」

2021.12.08 | Category: ヘルニア,坐骨神経痛,症例,痺れ,腰痛

今回は軽度ヘルニアでお困りの40代女性のケースを紹介したいと思います。

当院にお越しになられた際にMRIをお持ちくださいました。

 

*レントゲンやMRIをお持ちいただけると、詳しく現在の状況や治療方法をお伝えできます*

 

1ヶ月前に腰椎の4番目と5番目の間で軽度のヘルニアをおこしていて、胸椎にも圧迫骨折を過去に起こした形跡があると整形外科からの診断。週1回のリハビリをしているが、腰が痛いまま変化はなく右足に痺れもあるとのことで接骨院や整体、マッサージにも同時に通ったが改善せず。何か他に方法はないかと当院のことをインターネットで見つけてくださいました。

 

検査をすると腰椎4番目と5番目の周りの筋肉がガッチリと固まっていました。可動域検査も痛みを感じないよう最小限の動きでチェック。その他の背骨の動きも検査していったところ、頚椎5番目、胸椎2番目、腰椎4番目の動きが特に悪く、患者さん自身にも確認のために少し圧をかけて骨を触ってみると「あー確かに!」と違和感を感じられていました。

 

当院にあるドロップテーブルを使用し施術を開始、ヘルニアの方でも痛みを感じずに頚椎や腰椎の施術が可能となる特殊なものになります。

 

その後は三角形のブロックを使った施術。

ヘルニアが起きている部位や骨盤を、患者さん自身の体重で施術をしていくユニークな方法になります。

こちらの三角形のブロックを使った施術は、90歳のご年配の方でも安心して施術を受けられるものになります。

 

施術が終わると患者さんの腰回りはスッキリしたみたいで、痺れもなくなり喜んでくださいました。

 

”痛み”は長年の生活習慣やストレス、癖によって作られた”痛みの成分”が蓄積された結果によるものが大きく(交通事故を除く)、2〜3回の施術までは、体は施術前の状態に戻ろうとする力が強く働くため、「痛みが少しだけ戻ると思います」とお伝えしました。

 

患者さんは、毎回の施術後に痛みを感じることなく、どんどん右肩上がりで良くなっていくと思いがちです。

 

しかし、体というものはそんなに単純なものではなく、ストレスや癖、生活習慣などにより以前の状態に戻ろうとする力が働きます。2〜3回の施術後までは、痛みが少し戻るけれど当初ほどではなく確実に良くなっている(痛みが減っている)という状態になり、施術5回後になっていくと痛みが気にならない状態になってくるというイメージです。

 

体は積み木とよく似ているとお伝えしています。

積み木を高く積み上げていくのはバランスなどを考えながらの作業でとても大変ですが、崩れるのは一瞬。

健康も維持したり、向上させるには努力が必要ですが、体を壊すにはそんなに時間は必要ありません。

 

日々の姿勢、食事、運動、睡眠などどれが欠けてもダメなんです。

「運動をこれだけ頑張った!!!」

 

ではなく…

 

最初は一つをものすごく頑張るのではなく、ほどほどにバランス良く生活してもらえたら良いスタートなんじゃないかなと思います。

「適度に適当に」

ほどほどに肩の力を抜いて、できることから始めて行きましょう!!

 

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No. 276 「坐骨神経痛」

2021.07.28 | Category: お役立ち情報,坐骨神経痛

アメリカの方から連絡があり、坐骨神経痛が辛いので助けてくれないかとのことでした。

 

後日お越しになり話をきくと、坐骨神経痛は1ヶ月前から感じるようになり、この2週間前から強く感じるようになったとのことでした。

 

特に左お尻から左太もも裏に痺れを感じていて膝下には痺れはいかないとのこと。

 

聞くと横浜からお越しくださったとのことで、遠方から本当にありがたく思います。

 

 

立った状態でまずは身体をチェックさせてもらうと左のお尻の筋肉が盛り上がっていて、骨盤の高さチェックすると左側が右に比べるとかなり高くなっていました。左腰回りの筋肉も緊張している状態となってました。

 

うつ伏せになってもらい脊柱をチェックすると左骨盤が外側に開いていてさらに下方にズレを生じていました。

 

これが原因でお尻の筋肉を緊張させ坐骨神経を刺激してしまったものと思われます。

 

 

今回は三角形のブロックを使うSOT というテクニックを使用して施術をさせていただきました。

三角形のブロックを体とテーブルの間に入れ、患者さん自身の体重を使って施術をしていく方法です。自重を使い時間と共にゆっくりと骨盤が正しい場所に戻っていくので負担が少なく安心して施術を受けることができます。

 

施術後はしびれの痛みもなくなり軽くなったと喜ばれていました。

 

 

 

 

もし、坐骨神経痛やヘルニアなどの痺れでお困りの方いましたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

 

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No. 258 「坐骨神経痛で歩けない/60代女性」

2021.03.31 | Category: 坐骨神経痛,症例

「左のお尻が痺れて坐骨神経痛かと思うのですが診てもらえませんか?」

というお電話をいただき、来院くださいました。

 

お話を伺うと、約3週間前から左のお尻から膝裏上まで痺れがあり歩けないと苦しまれていました。

 

お体を検査していくと、左の仙腸関節が完全にロックしていて、右側の仙骨が後ろに回旋していました。

 

 

これにより左側の臀筋部(特に梨状筋(りじょうきん))も動きが悪くなり、結果として痺れが出ていたものと推測されました。

 

当院のトンプソンテーブルを使い施術をさせていただいたのですが、その後に特殊な三角形ブロックを使い施術をしていくSOTテクニックも使用しました。

 

 

自身の体重を使い施術していくので、患者さんにとって全く痛みや負担を感じない技術になるのですが、その効果は絶大で、施術後は痺れを感じずに歩くことができました。

 

患者さんも驚いたみたいで涙を流されていました。

 

もし、同じ悩みでお困りの方がいたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No.239 「坐骨神経痛が辛い」

2020.09.30 | Category: 坐骨神経痛,症例

日本に滞在中のアメリカ人より連絡があり、坐骨神経痛が辛いので助けてくれないかとのことでした。

 

後日お越しになり話をきくと、1年前から仕事で来日されたとのことでした。

アメリカにいるときからカイロプラクティックケアを受けており日本でも探していた。

坐骨神経痛は2週間前から感じるようになり、この3日間前から強く感じるようになった。

特に右お尻から右太もも裏に痺れを感じていて痛い。

などどのような体勢がつらいのか、どうすると楽なのかなどの質問をしていきました。

 

アメリカにいるときはジムによく通い有酸素運動をしていたのだけれども、日本にきてからはパタリとなくなったこと。座っている時間が著しく増えたことなど教えてくださいました。

 

立った状態でまずは身体をチェックさせてもらうと右のお尻の筋肉が盛り上がっていて、骨盤の高さチェックすると右側が左に比べるとかなり高くなっていました。右腰回りの筋肉も緊張している状態。

うつ伏せになってもらい脊柱をチェックすると右の骨盤が外側に開いていてさらに下方にズレを生じていました。これが原因でお尻の筋肉を緊張させ坐骨神経を刺激してしまったものと思われます。

今回は三角形のブロックを使うSOT というテクニックを使用して施術をさせていただきました。

三角形のブロックを体とテーブルの間に入れ、患者さん自身の体重を使って施術をしていく方法です。自重を使い時間と共にゆっくりと骨盤が正しい場所に戻っていくので負担が少なく安心して施術を受けることができます。

施術後はしびれの痛みもなくなり軽くなったと喜ばれていました。

 

 

 

 

もし、坐骨神経痛やヘルニアなどの痺れでお困りの方いましたらお気軽にご相談ください。

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

西武池袋線 大泉学園駅 北口から徒歩1分の商店街の一角に当院はあります。1Fの角にあるので、とても助かるというお言葉も頂いています。また、外観がおしゃれすぎるためにサロンですか?と聞かれることもしばしば…

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

 

 

健康に関する情報などを不定期で更新!

 

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

お気軽にご相談ください!コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィス
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口より徒歩1分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

毎週 水曜日、木曜日

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。