- Blog記事一覧 -マタニティカイロ | 練馬区(大泉学園) コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィスの記事一覧

マタニティカイロ | 練馬区(大泉学園) コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィスの記事一覧

No. 274 「妊娠35週の妊婦さん」

2021.07.14 | Category: マタニティカイロ,症例

今回は妊婦さんのケースを紹介したいと思います。

 

妊娠35週の30代女性の方が御来院くださいました。

 

腰痛とお腹の張りがとても辛いとのことで、

 

「なんとかしてもらえないでしょうか?」

 

というお悩みでした。

 

 

多くの治療院や整体院などで、「妊婦さんの施術ができます」と謳っていますが、気をつけて欲しいのは妊婦さんの施術というのは、普段大人や子供に施術をしているように施術をしてはいけないということ。

 

どういうことかというと…

 

妊婦さんには”妊婦さんの”施術方法があるわけです。

 

例えば、整体に行くと横向きになって過度なひねりを加えて「ボキッ」とやる方法が好きという方がいらっしゃるかと思います。しかし、あの方法は妊婦さんには適していません。

 

なぜならお腹には赤ちゃんがいるからです。

 

お腹を圧迫するような施術は、臨月の女性には特に×です。

 

では、当院はどのように施術していくの?という話になります。

 

当院では「うつ伏せ」で、施術をしていきます。

 

真ん中が空洞になっている妊婦さん専用の枕を使うので、お腹の中の赤ちゃんを圧迫することなく寝ることが可能です。

妊娠中はうつ伏せになるのが難しいので、とても有難い!といったお言葉を頂戴するほど。

写真でみて頂くと分かる通りに、真ん中が空洞になっていますのでお腹を圧迫することはありません。

 

 

そして、臨月の方への施術はいつもと少し違う道具が登場します。

「カチカチ」と音がするだけで全く痛みが無い施術道具。

 

「アクティベーター」

 

 

骨粗鬆症の方や赤ちゃん、その他ちょっとした時にこちらを用いて施術していきます。

 

「カチカチ」という音がするだけで全く痛くないこの道具!

 

患者さんからすると、とても不思議な道具!

 

しかし、効果が出る不思議な道具!

 

 

そして、何回も登場しているブロック。

 

こちらも、「ボキッ」とはせずに乗っているだけ。

 

妊婦さんの骨盤は、通常時より靭帯が伸びやすく可動域が広がっているため、動きやすくなっています。故にバランスを崩しやすく、周りの組織を過剰に使ってしまいがちです。このブロックを使うことで本来あるべき所に骨盤を誘導してあげ、周りの組織を過剰に使う必要がなくなり、腰の緊張やお腹の張りなどが自然と消えていきます。妊婦さん、特に臨月の方はお腹の張りがなくなり腰が軽くなると、毎日をより楽しく過ごせることができます。

 

そして、お腹が大きくなってきたママさんたちに人気なのがマタニティテーピング。

 

大きくなったお腹を支えるようにテーピングをしていきます。テーピングをした後にママさんに言われる言葉が必ずあります。

 

それはどんな言葉か…

 

「軽っ!!」

 

です!

 

臨月近くになると、お腹の中には2000g~3000gの赤ちゃんがいます。

 

その重さを支えるテービングの方法があります。

 

知らない方がまだ多いのが現実。

「こんなに違うんだ」とお言葉をいただきます。

 

少しでも多くの妊婦さんに、快適なマタニティライフを過ごしてもらいたいと思っています。

 

 

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

 

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No.264 「頭痛がひどい/30代妊婦さん」

2021.05.17 | Category: マタニティカイロ,症例

オンライン予約からご予約をいただきお越しくださいました。

 

お話を聞かせていただくと、現在妊娠13週とのことでした。

妊娠10週のころから肩が重いのと、首に痛みがあり頭痛があるのですが、今まで通っていた整骨院は妊婦さんは診てもらえないとのことで、どこに行けばいいかわからなかったとのことでした。

 

当院では、妊婦さん用のうつ伏せができる枕を使用し、施術の際はお体への負担が最小限になるよう細心の注意を払っております。

 

 

検査をすると、頸椎の1番目と5番目、胸椎の1番目の骨の動きが悪さをしていることがわかりました。

 

これらを全て施術するのかと言ったら答えは否で、必要な箇所のみを施術していきます。

今回は頸椎5番目と胸椎1番目の骨を施術させていただきました。

 

施術後すぐに首と肩が軽くなったと変化を感じていました。

しかし、まだ肩のハリがあったので筋膜リリーステクニックを用いて筋肉の緊張をとっていきました。

 

筋膜リリース後は肩がフニャフニャになり、患者さんも大喜びでした。

 

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No. 256 「妊娠35週で腰が痛い/30代女性」

2021.03.18 | Category: マタニティカイロ,症例

インターネットをみてお越しいただいた妊娠35週で腰痛にお悩みのケースを紹介します。

 

 

今までヨガやストレッチなどで対応していたとのことでしたが、どうにもこうにもならなくなり、ネットで色々と検索され当院を見つけてくださいました。

 

左側の骨盤の動きが悪く、仙骨の動きもあまりよくありませんでした。

お腹の方をチェックさせてもらうと、右側の子宮円策が張っていたのでお腹の赤ちゃんにも良い影響があるとは言えませんでした。

 

 

骨盤が”バランスを崩す”とどうなるのか…

 

 

上の図でRound Ligamentと書いてある紐みたいなのありますよね?

 

これは日本語で子宮円策というのですが、骨盤の”バランス”や”歪み・ズレ”が生じると、子宮を支える円策のバランスも崩れてきます。

子宮円策のバランスが崩れるとどうなるのでしょうか?

 

 

「空中に浮かんでいる風船」をイメージしてみましょう!

 

 

一つの風船の左右に2本の紐が垂れ下がっているとします。

そして、その2本の紐をバランスよく1本ずつ左右の手に持ちます。

 

 

そうしましたら次です!

 

どちらか一方の紐を下に引っ張ります。

 

このとき風船はどうなるでしょうか?

 

「どちらか引っ張った方に風船は傾く」ことになると思います。

 

 

さて、風船についている紐が子宮円策であるなば、風船は子宮になりますよね?!

子宮の中には赤ちゃんがいます!!!

赤ちゃんの”寝室”ですね!

子宮の状態が安定していないと、赤ちゃんもゆっくり落ち着くことができません。

 

そして、赤ちゃんは常に「一番過ごしやすい場所」を探して動きます…

 

これが、逆子の原因になったりその他の悩みの原因である可能性が高いのではと言われています。

 

「妊婦さんにカイロプラクティック?」

 

と疑問を持つ方もいるかと思いますが、「妊婦さんだからこそ!!」です。

 

骨盤だけでなく脊柱をはじめとした身体のバランスを整えることは、

「お腹の赤ちゃんにも良い環境を作ってあげている」

ということを忘れないでください。

 

 

「お腹の赤ちゃんのためにカイロプラクティックを受けに来ました」

 

 

という言葉が自然と聞くことができるように、これからカイロプラクティックが正しい方向で広まればいいなと思っています。

 

 

今回の患者さんは施術後かなり軽くなったみたいで、「明日からまた頑張れる」と喜んでお帰りになりました。

 

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No.209 「20代女性/妊娠18週目の腰痛としびれ」

2020.05.20 | Category: マタニティカイロ,症例

20代女性で妊娠18週。右腰に痛みがあり若干の痺れがあると教えてくださいました。

話を聞いていくと、これまでに2つの施術院に行かれたとのことです。

そこでは妊婦さんの施術は非常に難しいとのことで、背中をポンポンと少し叩かれただけの施術でしたと教えてくださいました。

施術方針は院により異なりますが、やはり妊婦さんの施術を受ける際は知識をしっかりと持っている先生から受けたいものですね。

当院では、専用の枕を使い施術をしていきます。

妊婦さん専用の枕を使うので、お腹の中の赤ちゃんを圧迫することなく寝ることが可能です。妊娠中はうつ伏せになれないので、とても有難い!といったお言葉を頂戴します。

写真でみて頂くと分かる通りに、真ん中が空洞になっていますのでお腹を圧迫することはありません。

 

 

骨盤を調整する専用のブロックを使いながらの施術もさせて頂きました。

施術後は痺れも取れ、患者さんもびっくり。

少しのアドバイスをさせて頂き本日の施術は終了。

なるべくなら快適に妊娠生活を楽しみたいですね^^

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

西武池袋線 大泉学園駅 北口から徒歩1分の商店街の一角に当院はあります。1Fの角にあるので、とても助かるというお言葉も頂いています。また、外観がおしゃれすぎるためにサロンですか?と聞かれることもしばしば…

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

 

 

健康に関する情報などを不定期で更新!

 

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

No. 207 「妊婦さんの悩みで多いものとは?」

2020.05.16 | Category: マタニティカイロ,症例

当院に来られる患者さんですが、最近は妊婦さんが多く来院されます。

 

妊婦さんで多い悩みは一体なんでしょうか?

・つわり

・イライラ

・食欲

・睡眠

・腰の痛み

・恥骨の痛み

・お腹の張り

・足のしびれ

 

上記以外にも沢山あります。

 

その中で今回は坐骨神経痛について少し紹介したいと思います。

 

 

30代女性で第2子を妊娠されており現在24週とのことでした。

ここ1週間前から右のおしりから膝うらにかけて痺れを感じるとのことでした。

 

「水分は1リットル飲まれている。」

「睡眠もよくとれている。」

「しっかりと栄養も摂られている。」

 

では、なにが痺れの原因と考えられるのでしょうか?

 

一つは女性ホルモンの変化です。

小児カイロプラクティック協会の文章から

妊娠中に分泌されるリラキシンというホルモンの影響により、骨盤が緩みやすくなります。そのため身体のバランスが大きく変化しやすくなっています。骨盤が緩むと上半身を上手く支えられなくなるために、周りに付随する筋肉群が緩んだ骨盤を固定しよういつも以上に緊張します。また、妊娠すると10kg前後体重が増えて、大きくなるお腹を支えようと重心が前方に移動します(妊婦さん独特の反り腰)。これにより、腰や背中にかけての負担が大きくなり腰痛になることがあります。 胎児が大きくなってくると、下方への圧が大きくなっていき、もともとバランスを崩しやすくなっていた骨盤を押し下げて圧迫するので、その変化に耐えきれず痛みを恥骨に感じる人が出てきてしまいます。

https://kidsinnate.com/lowbackpainduringpregnancy/

 

骨盤が緩みやすくなる…

身体のバランスの変化…

座り方も脚組や片方に体重を乗せるなどをしないように普段よりも注意が必要になってきます。

 

坐骨神経痛というのは、梨状筋(Piriformis)が悪さをして足の痺れを生み出していることが多くあります。

脊柱管狭窄症で言われる「神経の通り道が細くなることにより痺れを感じる」とは異なります。

 

上の画像にある、横長に光っている太めの短い筋肉が梨状筋になります。そして、縦に細長く光っている紐のようなものが坐骨神経と言われるものです。これら二つは隣同士ならんでいます。仲良く並んでいる分には問題ないのですが、少しでも梨状筋が悪さをすると坐骨神経に影響が出てしまうという困ったお隣さんでもあります。

 

当院ではどのように施術をしていくのかを、軽くご紹介します。

最初の方のブログで説明させて頂いたこともありますが、上の三角形の形をしたブロックを使い骨盤を正しい位置に矯正することで梨状筋の悪さをやめさせます。

↓三角形のブロックを少しだけ説明しています。

 

このブロックは患者さん自身の体重を使っていくので、痛みが全くありません。

患者さんは上に寝ているだけで痛みが消えていくので、ほとんどの方が「何これ?」と驚かれます。

 

事前に患者さんが感じている痺れの箇所を確認します。

 

そしてブロックの上に寝てどう変化するのかをみるのですが、痺れが減少しているのを感じ驚いていました。

 

施術後に少しばかりアドバイスをさせて頂きました。

当院では施術後に妊婦さんとの質問タイムを設けています。

というのも、妊婦さんのほとんどは日常生活において少なからず不安を抱えています。

それを当院で少しでも解消できればと思っております。

今回も少しお話をさせて頂いて、笑顔で帰られました。

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

西武池袋線 大泉学園駅 北口から徒歩1分の商店街の一角に当院はあります。1Fの角にあるので、とても助かるというお言葉も頂いています。また、外観がおしゃれすぎるためにサロンですか?と聞かれることもしばしば…

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

 

 

健康に関する情報などを不定期で更新!

 

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

お気軽にご相談ください!コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィス
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口より徒歩1分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

毎週水曜日/木曜日

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。