- Blog記事一覧 -No. 304 「水分補給はなぜ大事?」

No. 304 「水分補給はなぜ大事?」

2022.06.22 | Category: 症例

この時期くらいからでしょうか…

熱中症関連のニュースがテレビで流れやすくなります。

 

外出中に水分摂取を忘れ、体調が悪くなるのはイメージしやすいですよね。

 

しかし、部屋の中にいても熱中症になりうる可能性があります。

 

「汗とかかいてないのに…」

 

こう思いがちですが、何もしなくても水分は体外に排出されてしまいます。

 

食べたものを消化するのにも水分は使われますし、息を吸ったり吐いたりするのにも、実は水分は体外へと排出されています。

 

とはいってもどのくらいの水分が出てしまっているのか…

 

1日で約2.3〜2.8Lの水分が体から排出されているといわれています。

 

約1〜1.5Lが尿から

約900mlが皮膚から

約300mlが呼吸から

約100mlが便から

 

これらが日常生活において自然に失われる水分(不感蒸泄)として排出されています。

では、皆様はどのくらいのお水を日常で摂取されていますでしょうか?

これだけの量が排出されているのにも関わらず、水分摂取量が少ないと(摂取量<排出量)脱水症状が起こってしまいます。

 

昔から、「2Lくらい水を飲むと良い」となんとなく聞いたことがあると思いますが、あながち間違っていません。

食事からは大体800ml〜1100ml程摂取してると言われています。

「水分摂取量=水分排出量」が大切なので、今の時点ではこの式が成り立ちません。

そこで「水を飲む」ことで補ってあげます。

「1.5L〜2L」と言われるのはここから数字がきています。

 

摂取の仕方ですが、日中は飲めないからまとめて2L飲むという人は少ないかと思います。

どのタイミングがベストなんでしょうか?

正解は…

「喉が渇く前」

ものすごく曖昧な答えですが、喉が渇いてからでは遅い!

「喉が渇いているな」と感じた時は、体の中はすでに脱水状態…

なので、喉が渇く前に水分を摂取をすることが大切です。

 

理想は1日に6〜8回くらいに分けて摂取すると良いと言われています。

 

・朝起きた時

・朝食時

・ランチ

・午後休憩時

・夕食時

・入浴前

・入浴後

 

このように習慣化するのも効果的ですね。

 

ポイントは「喉が渇く前」!

 

水分の摂取の仕方はとても大切!

これからの季節はいつもより多めに!

いつもよりこまめに!

 

 

熱中症に気をつけて、今年の夏を乗り越えましょう!

ちなみに、水をしっかり飲むことはデトックスにとっても良いんですよ!

 

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

 


お気軽にご相談ください!コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィス
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口より徒歩1分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

毎週 水曜日、木曜日

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。