- Blog記事一覧 -No. 292 「脊柱管狭窄症のケース」

No. 292 「脊柱管狭窄症のケース」

2022.01.26 | Category: 坐骨神経痛,症例

腰痛がつらく、病院で脊柱管狭窄症と診断された50代女性のケース。

 

たくさんネットで調べてご来院くださったとのこと。

 

MRIの画像をお持ちくださり、画像を確認しながら問診。

痛みと痺れが腰全体にあり、1日のうちに何回か電気が走るような痛みが太ももの前から膝にかけて走るとのことでした。

 

画像では腰椎の4番目の骨が変形していて、5番目の骨との隙間が狭くなっていました。

多くの病院では、台の上に仰向けになり両足を曲げ、下半身を固定し全体を牽引していく方法をとっていますが、今回の患者さんでは効果が薄かったみたいで痛みは変わらなかったとのこと。

 

当院では、うつ伏せになってもらい足を固定し牽引したい骨をメインにアプローチしていきます。

 

牽引したい骨のみにアプローチできるので、大きな違いが感じられます。

 

可動域検査をしていくと、頚椎5番目、胸椎7番目、腰椎4番目に顕著な可動域の低下がみられました。

頚椎と胸椎は当院にあるドロップテーブルにて施術。

 

腰椎に関しては上記の特殊牽引テーブルを使用しました。

問題とされる箇所のみを調整していくので、患者さん本人も違いを感じられたみたいで、腰回りが楽になったと仰ってくださいました。太ももから膝にかけて走る痛みは経過をみますとのことでした。

 

後日ご来院なさったら、また報告させていただきます。

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 


お気軽にご相談ください!コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィス
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口より徒歩1分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

毎週 水曜日、木曜日

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。