- Blog記事一覧 -No. 281 「体勢をかえると腰への負担はどのくらい変化する?」

No. 281 「体勢をかえると腰への負担はどのくらい変化する?」

2021.10.06 | Category: お役立ち情報

今回は、姿勢によって腰にかかる負荷の違いを紹介できればと思います。

 

治療院にいくと「姿勢には気をつけてくださいね」という言葉をよく聞くと思います。

どの体勢が、どのくらい腰に負担をかけているのかを分かりやすくまとめた図があります。

 

 

腰にかかる負担が最も低いのは仰向けに寝た状態になります。

立っている状態での腰にかかる圧を基準としたとき、この体勢は体重が均等に分散して支えられます。逆に最も圧がかかるのは座った状態で前に屈んで何か物を持とうとするときです。

立っている(立位)状態は座っている時と比較すると、腰への負担が少ないのがわかると思います。これは背骨のカーブが上手に圧を分散してくれることから、このようになります。

ちなみに、まっすぐ座った場合は腰にかかる負担は40%増し。そして、少し背もたれに寄りかかるような状態では105%と負荷が減ります。

よく、「腰あたりにクッションを入れると腰痛予防にいいですよ。」と治療家の先生方がいうのはこれが理由になっています。真っ直ぐ座るよりも腰にかかる負担が低いので痛くなりにくくなります。

 

このように、姿勢や体勢をよく観察してみると少しの違いで腰にかかる負担は大きく変化しているのが分かります。

 

「楽だからこの姿勢が好き」

「この姿勢に慣れているから」

 

このような理由で長時間、腰に負担のかかる状態でいるのであれば”今すぐ”に見直す必要があります。

痛みのない生活というのは患者さん自身が作っていくものです。

それを私たちカイロプラクターはそっと背中を押し、時に支える役割を担っています。

 

1日24時間の中で、患者さんを施術する時間はものの数分。

それ以外の23時間強は患者さん自身の時間です。

この23時間をどのように過ごすかで、明日の状態が変わっていきます。

これを機会にぜひ考えてみて頂ければ幸いです。

 

 

 

 

「薬も効かず、どこへ行ってもよくならない」とお困りの方が、多くお越しになるのが当院の特徴になります。

 

 

 

もし、このブログを読んでくださっている皆様が、同じように苦しまれているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

【当院は一人ひとりのサポーターでありたいと思っています】

 

当院にあるベッドは、使い方次第で様々な部位を施術できるようになっています。

背骨はもちろんのこと、手首、足首、肘、膝…etc

患者さんへの刺激を最小限に、そして最大限の効果を出す治療が当院の特徴です。

 

 

「当院から沢山の笑顔が生まれますように」

 

 

【当院フェイスブック】

https://www.facebook.com/cchirodc/

 

【日本小児カイロプラクティック協会】

https://kidsinnate.com

 

【日本小児カイロプラクティック協会 フェイスブック】

https://www.facebook.com/日本小児カイロプラクティック協会-137359526344798/

 

【当院施術方法】

https://cchirodc.com/sejutsu_houhou

 

【オンライン予約】

https://reserva.be/ccfo

 

 

【ご質問はラインから】

友だち追加

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

K

 

 

 

 

 

 

Back and Disc Pressure in Different Positions Chart


お気軽にご相談ください!コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィス
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口より徒歩1分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

毎週水曜日/木曜日

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。