- Blog記事一覧 - 関節の痛みの記事一覧

関節の痛みの記事一覧

No. 122 「知っていますか?リトドリン」

2019.07.31 | Category: マタニティカイロ,産後ケア,症例,腕・肘・膝・足の痛み,関節の痛み

数日前に相談があった実際に相談のあった内容です。

 

「リトドリン」

 

この名前を聞いて何を思い浮かべますか?

 

大半の方は「なんじゃそりゃ?」

 

という反応だと思います。

 

別にこれは何も間違った反応ではありません。

 

これは妊婦さんが病院でもらう【張り止めの薬】。

 

 

ですので、通常はあまり耳にしない単語だと思います。

 

 

なんで今回はこのテーマなのか…

 

 

 

 

ここからは実際に先日相談された内容になります。

 

「友人が現在妊娠22週で、数日間の緊急入院を先日したらしいです。夜中、両腕両手が突然の激痛に襲われ動かすことが困難になり、あまりの痛さで一睡もできなく…服用していた張り止めの薬(リトドリン)のせいかと思い翌朝受診したところ、重度の副作用で筋肉が壊れ始めていて最悪の場合死んじゃうからといわれ即入院になったそうです。その後の血液検査や神経系の検査では何も問題がなく、過去に文献も無いため先生は原因が全く分からないとのことでした。何か考えられる原因はありますか?」

「最初は筋肉痛のようなだるさで、熱をもってジンジンと痛くなってきて指はパンパンに腫れ、腕の曲げ伸ばしや指の曲げ伸ばしが激痛で不可能。」

 

とのことでした。

 

さて…

「リトドリン」とはどういう薬なのでしょうか?

 

一般名:リトドリン塩酸塩

 

効果効能としては、「β2受容体刺激作用により子宮平滑筋を弛緩させ、子宮の異常収縮を抑えます。通常、切迫流・早産の治療に用いられます。」

 

と記載されています。

 

錠剤や注射液などがあり、妊婦の状態をもとに医師の判断のもと使用されています。現在では、早産の妊娠週数が新生児死亡や脳性麻痺などの周産期予後と深く関連することが知られており、その早産を防ぐために切迫早産に対する子宮収縮抑制薬を用いた薬物治療が広く行われています。

 

しかし…

 

その代表的な治療薬リトドリンですが、内服での塩酸リトドリン(β刺激薬)は重篤かつ多様な副作用が問題となったことから、米国食品医薬品局(FDA)や欧州医薬品庁(EMA)ではその使用の中止を勧告しています。

 

 

重大な副作用として次のことがあげられています。

 

肺水腫

心不全

汎血球現象

無顆粒球症

白血球減少

血小板減少

ショック

不整脈

肝機能障害

黄疸

中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis : TEN)

皮膚粘膜眼症候群(Steavens-Johnson症候群)

横紋筋融解症

血清カリウム値の低下

胸水

高血糖

糖尿病性ケトアシドーシス

腸閉塞

胎児及び新生児における心不全

新生児心室中隔壁の肥大

新生児低血糖

 

その他…

 

循環器系

肝臓系

血液系

精神神経系

消化器系

過敏症

投与部位の炎症…etc

 

 

塩酸リトドリンの使用実態と副作用の調査を2015年に日本周産期・新生児医学会が行い、その成果が公表されています。それによると同薬剤を投与された273人のうち51例で有害事象を認めたと報告されています。有害事象の内容は、肝機能障害が43例、横紋筋融解症が30例、肺水腫・顆粒球減少症がそれぞれ25例となっています。

また2017年に発表された論文では、540件の妊婦症例(薬が原因)のうち128件がリトドリン塩酸塩(注射剤)が関連していて最多であることが報告されています。副作用の内容は上位から造血器系障害35件、筋骨格の障害26件、呼吸器系障害25件、循環器系障害19件であり、肺水腫、白血球減少症、横紋筋融解症の順で多かったと報告されていて、一般産科医の認識以上に有害事象が高頻度に発生していることが示されています。

 

 

このブログを読んでくださっている皆さんに質問です。

病院から薬を処方された際、それがどのような薬なのかご自身で納得して服用されていますか?

その薬の表面的な効果・効能のみを気にしていませんか?

 

もしこのブログを読んでくださっているあなたが「効果・効能」のみを気にしているとしたら、一度どのような副作用があるのかをきちんと理解してください。

 

今回の件に関して、なぜアメリカや欧州ではこの薬の処方を認めていないのか。

ぜひ考えてみてください。

 

その「薬」はなんのために処方され、どのような効果、副作用があるのかこの機会に確認されるといいと思います。

 

これは「今、服用している薬を止めてください」ということでは決してありません。

「きちんと理解した上で服用しましょう」ということです。

 

 

 

 

 

人間が本来持っている免疫力は本当に素晴らしいものです。

 

もし、妊娠中に身体が何かを訴えてきたら…

 

例えばお腹のハリや関節痛、恥骨痛や逆子など…

これらを「悪いこと」と、頭ごなしに決めつけるのではなく「なぜこうなっているのか?」という【意味】を考えてみるのも大切だといつもお伝えしています。もしかしたらそれは、身体から発している何かの信号や合図ではないのでしょうか?

 

「お腹が張っている=早産」

 

「お腹が張っている=赤ちゃんからの合図」

 

これは一例ですが、このように捉えて考えると”状態”についての見え方も変わってくると思いませんか?

 

 

カイロプラクティックは”その状態”に意味があると考えます。そして、何が原因で”そう”させているのかを見つけ、施術をはじめ運動指導や栄養指導などをしていきます。

 

もしお困りごとがあり悩んでいるのであれば、お気軽に連絡をしてくださいね。

 

 

 

 

 

西武池袋線 大泉学園駅 北口から徒歩1分の商店街の一角に当院はあります。1Fの角にあるので、とても助かるというお言葉も頂いています。また、外観がおしゃれすぎるためにサロンですか?と聞かれることもしばしば…

「オシャレ過ぎるカイロプラクティック院」として絶賛売出し中!

 

 

フェイスブック→

https://www.facebook.com/コネクトカイロプラクティック-ファミリーオフィス-Connect-Chiropractic-Family-Office-248419555735107

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

こーすけ

 

 

 

【参照】

http://www.jaog.or.jp/

https://www.kegg.jp/kegg/medicus/

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjdi/18/4/18_261/_article/-char/ja

Neilson JP, et al: Cochrane Database Syst Rev. 2014; 2: CD004352.

ゴルフで肘に違和感|原因はいつも身近に

2019.07.07 | Category: 症例,痺れ,腕・肘・膝・足の痛み,関節の痛み

腕が痛いので診てほしいです。

とのことでした。

40代女性の方のケースです。

 

前日にゴルフをしたらしく、特に小指側がジリジリ痺れるような痛みがあるとのことでした。。

 

シャンクなどはしていないとのこと。

腫れなどはなく、カイロプラクティック検査をしたところ左腕のUlnar Bone(尺骨)が悪さをしているだけではなく、Radius Bone(橈骨)も少し悪さをしていました。

 

 

ここでいう悪さというのは、可動域不全を起こしているということです。

 

その骨が、本来あるべきところになく関節の動きを制限してしまっています。

 

ゴルフをしている最中に力を入れすぎたりなど、過度な負荷が肘にかかってしまったために上記の骨が悪さをし、痛みを誘発してしまったと考えられます。

 

今回の施術は「ボキッ」とするのではなく、ドロップテーブルを使い一番身体に負担のかからない施術をしていきます。

 

患者さん側からすると、テーブルがドタコンと落ちてるだけ!

 

ちなみに…

 

 

丸のところ…(少し説明が難しいですが…)

を、グリグリしてみて痛みがピキッときた方!

 

もしかしたら、Radius (橈骨)が悪さをしているかもしれません。

 

もし…

 

両腕を伸ばしてみて、片方だけ伸ばしづらい場合。(事故や骨折、怪我などでそこに直接的な原因がない場合に限り)

 

もしくは、何か引っかかっている感じする場合はUlna(尺骨)が悪さをしているのかもしれません。

 

参考にしていただけたらと思います。

 

 

当てはまる方や気になる方がいましたら、お近くのカイロプラクターに相談してみてください。

 

 

西武池袋線 大泉学園駅 北口から徒歩1分の商店街の一角に当院はあります。1Fの角にあるので、とても助かるというお言葉も頂いています。また、外観がおしゃれすぎるためにサロンですか?と聞かれることもしばしば…

「オシャレ過ぎるカイロプラクティック院」として絶賛売出し中!

 

 

フェイスブック→

https://www.facebook.com/コネクトカイロプラクティック-ファミリーオフィス-Connect-Chiropractic-Family-Office-248419555735107

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

こーすけ

 

 

肩が上がらない|痛い

2019.06.08 | Category: 症例,肩こり,関節の痛み


3年近く50肩で悩まれている50代男性の方が来院くださいました。

 

悩んでいたら友人から紹介を受けたとのことでした。ここ最近でご紹介で来院される方の人数が多くなってきて、当院が駆け込み寺のようになってきていることを有り難く、感謝しております。

 

今回の男性は、もう長く悩まれているという事で、なんとかしてくださいとお願いをされました。

 

50肩の場合ですが、炎症が強い方ですと思うような結果が出ないというケースがございます。特に急性の場合ですと炎症が強く起こってしまっていますので、少しずつの変化をイメージして頂けると幸いです!

 

当院ではどのように施術をしていくのかというと、どのように動かなくなっているのかを見つけます。関節の可動域なのか、筋肉が突っ張っているのか、靭帯が邪魔しているのか。それにより施術方法を変えていきます。

 

当院の強みとして、最新の機器を導入させて頂いているため、あらゆる症状やケースに対応が可能となっております。

 

今回は筋肉の突っ張りが取れていないことにより腕が上がらなくなっていたので、そこを取り除いてあげると患者さんもびっくりするくらいスムーズに上がるようになりました。

 

 

 

 

西武池袋線 大泉学園駅 北口から徒歩1分の商店街の一角に当院はあります。1Fの角にあるので、とても助かるというお言葉も頂いています。また、外観がおしゃれすぎるためにサロンですか?と聞かれることもしばしば…

「オシャレ過ぎるカイロプラクティック院」として絶賛売出し中!

 

 

フェイスブック→

https://www.facebook.com/コネクトカイロプラクティック-ファミリーオフィス-Connect-Chiropractic-Family-Office-248419555735107

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

こーすけ

 

膝が痛くて遠出ができません

2019.05.17 | Category: 症例,関節の痛み

膝が痛くて歩けずタクシーで来られた80代の女性のケースを紹介します。

 

当院の目の前にタクシーが!

 

杖を使い、脚を引きづりながら患者さんが来院されました。

 

半年前からだんだんと膝が痛くなり始め、何とかしないといけないと思った時はすでに遅く、病院に行っても注射や手術を勧められるだけで痛みは変わらずとのこと。

 

そこで、当院のホームページを見つけてくださったそうです。

 

問診と検査をしていくと、膝に炎症が起こっていてさらに関節面が少し変形していました。

 

膝の関節面がすり減る事による痛みというのは年齢や日々の運動量、骨密度などさまざまなものが起因となっていることがほとんどです。

 

日々の生活を通して、将来に向けての健康貯金をしていただければと思います。

 

当院では、膝の痛みや炎症に対して手技だけでなく超音波を使い対応していきます。

 

超音波は関節などの炎症に効果を特に発揮するので、当院ではとても重宝しています。

 

症状によって施術方法を変えていくのが当院の特徴であり強みになります。

 

その時、その状態に一番良い方法を選択していきます。

 

なので、患者さんも安心して施術を受けてもらえます!

 

施術後は、痛みは少し残るものの可動域が広がり歩きやすくなったと喜ばれていました。

 

 

 

西武池袋線 大泉学園駅 北口から徒歩1分の商店街の一角に当院はあります。1Fの角にあるので、とても助かるというお言葉も頂いています。また、外観がおしゃれすぎるためにサロンですか?と聞かれることもしばしば…

「オシャレ過ぎるカイロプラクティック院」として絶賛売出し中!

 

 

 

フェイスブック→

https://www.facebook.com/コネクトカイロプラクティック-ファミリーオフィス-Connect-Chiropractic-Family-Office-248419555735107

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

こーすけ

 

親指がだるい|ヘアースタイリスト

2019.05.07 | Category: 症例,痺れ,腕・肘・膝・足の痛み,関節の痛み

今回はヘアースタイリストの方のケースです。

 

毎日何十人とカットされている方というのは指を酷使されています。

 

特に親指は必ずと言って良いほど使いますよね?

 

親指は日常生活でも多くの場面で使う機会があります。

 

例えばスマートフォンを使うとき、物をつかむ時、お箸を持つ時…

 

本当に多くの場面で私たちは親指を使います。

 

ちなみに…

 

肩、股関節、親指などを一度痛めてしまうと治りが遅いですよね。

 

やはり、よく使う関節ほど治るのも時間が必要になってきます。

 

もし、痛めてしまった場合はどうすれば良いのか?

 

まずは冷やしましょう。

 

炎症が起きているので、冷やして熱を取ってあげましょう。

 

間違っても温めることはしないようにお願いします。

 

最近、初診でこられる患者さんにどのような対処をされたのか聞くと、温めたという方が多くいらっしゃいます。

 

なので、必ず冷やすようにお願いをしています。

 

大切な事なのでもう一度言います!

 

冷やしましょう!

 

 

当院には関節の炎症に効く、超音波機器を導入しているため今回はそちらを使いました。

 

もちろん親指の施術をした後にですが…

 

また、その後はアクティベーターを使い微調整。

 

親指もスッキリ!

明日からまた頑張れると喜ばれていました!

 

 

 

 

西武池袋線 大泉学園駅 北口から徒歩1分の商店街の一角に当院はあります。1Fの角にあるので、とても助かるというお言葉も頂いています。また、外観がおしゃれすぎるためにサロンですか?と聞かれることもしばしば…

「オシャレ過ぎるカイロプラクティック院」として絶賛売出し中!

 

 

 

フェイスブック→

https://www.facebook.com/コネクトカイロプラクティック-ファミリーオフィス-Connect-Chiropractic-Family-Office-248419555735107

 

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

こーすけ

 

 

お気軽にご相談ください!コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィス
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
ご予約はこちら

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口より徒歩1分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。