- Blog記事一覧 - 腰痛の記事一覧

腰痛の記事一覧

ギックリ腰で歩けない

2019.04.20 | Category: 症例,腰痛

最近気温の温度差が激しかったですね!!

 

温度差が激しいと身体への負担も大きくなります。

 

このような日が続くと当院にギックリ腰でお悩みの方が多く来られます。

 

軽度ではなく…

 

「歩けない」「動けない」

 

など少し重い症状の方が当院に多く来られます。

 

当院にあるベッドは自動で昇降するので、膝の高さまであるベッドに横になる動作などは必要ありません!

 

ただ寄りかかっているだけで、ベッドは所定の位置に動いてくれます!

 

そして、患者さんに対して最小限の力で最大の効果を発揮してくれます。

 

ギックリ腰で来院された場合には、必ず一番最初にお伝えすることがあります。

 

それは、

 

「今日は物凄く歩くので覚悟してくださいね」

 

ということです。

 

よくいう腰痛もですが、ギックリ腰に関しては特に動いて(歩いて)回復していくことをお勧めしております。

 

寝たきり状態を続けていくと、回復にかかる時間も長くなってしまいます。関節を動かすことによって、脳に体の機能を再度覚えこませます。

 

当院では、施術をしたあとに体操+歩行でギックリ腰にアプローチていきます。

 

この方法でギックリ腰で歩くのが困難な方(タクシーで来られた方)でも、帰りには歩いて帰れるまでに回復します。

 

 

今日覚えてもらいたいのは、ギックリ腰は歩いて治すという事です。

 

そして、ご自宅でできるもう一つの対処法は氷枕で冷やすという事です。

 

 

決して温めないようにお願いします。

 

 

 

 

西武池袋線 大泉学園駅 北口から徒歩1分の商店街の一角に当院はあります。1Fの角にあるので、とても助かるというお言葉も頂いています。また、外観がおしゃれすぎるためにサロンですか?と聞かれることもしばしば…

「オシャレ過ぎるカイロプラクティック院」として売出し中!

 

 

 

フェイスブック→

https://www.facebook.com/コネクトカイロプラクティック-ファミリーオフィス-Connect-Chiropractic-Family-Office-248419555735107

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

こーすけ

口コミのご紹介。

2019.03.30 | Category: ヘルニア,症例,痺れ,腰痛

今回は久しぶりに口コミの紹介をさせて頂ければと思います。

 

今回の方はフィリピン国籍の女性です。

 

最初に来院した際は涙目でした。

 

問診票を書いてもらいたかったので、座って書いて下さいねーと伝えると「無理なんです」との反応。

 

理由を聞くと、「座ることができない。」

 

”座る動作が痛くてできない”とのことでした。

 

12月上旬に腰が痛くなり病院にいくとヘルニアと診断。その後、注射を何回もしたが痛みは酷くなる一方で、先生に理由を聞いても英語が話せないらしく説明も十分にされていないと教えてくださいました。

 

 

とうとう座ることができなくなり、家族が一生懸命に探し当院を見つけて下さいました。

 

歩くのも支えながらでしか難しく、お姉さんに支えられなが来院されました。

 

「当院には電自動の昇降ベッドがあるので、様々な状態の患者さんに優しくできています。」

 

”ヘルニア”や”脊柱管狭窄症”に特化したテーブルも導入させて頂いております。

 

今回は、そのベッドを使い施術させてもらったところ、座る事だけでなく横になる事も出来るようになりました。

 

今でも定期的に通ってくださり、飛躍的に回復している方の口コミのご紹介です。

 

 

 

「日本語をそこまで話せなくとも、院長はバイリンガルということで英語でやり取りをしてくださいました。そのおかげで、説明されたことも分かりやすく本当助かります。妹のヘルニアも回復しました。本当にお勧めです!」

 

このような口コミは本当に有難いです。

困った時の駆け込み寺になるべく、日々精進して参ります。

 

フェイスブック→

https://www.facebook.com/コネクトカイロプラクティック-ファミリーオフィス-Connect-Chiropractic-Family-Office-248419555735107

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

こーすけ

 

坐骨神経痛|腰痛|痺れ

2019.03.17 | Category: 坐骨神経痛,症例,痺れ,腰痛

先日、来院された女性の患者さんのケースです。

坐骨神経痛で辛いとのことで、友人に紹介して頂き来院してくださいました。

問診を進めていくと高校の時からずっと悩まれていたみたいで、どこに行っても良くならなかったそうです。

当院は肩こりや腰痛というよりも坐骨神経痛であったり、脊柱管狭窄症であったり、ヘルニアであったり。痺れなどの強い方の来院がここ最近増えています。

 

「病院に行っても「様子をみてみましょう」といわれた…」

 

「長く通っていても変化が一向に感じない…」

 

「ただ電気をビリビリと流してもらっただけ…」

 

このような方からのお問い合わせが本当に多くて驚いております。

 

地域の駆け込み寺的な存在になれればと思っています。

 

大泉学園駅北口から徒歩1分の所にある当院は商店街の一画にあるので、電車で来られる方も「分かりやすいし、近くてありがたい」というお言葉を頂きます。ありがとうございます!

 

さて、今回のケースですが典型的な坐骨神経痛のパターンでした!

 

骨盤から繋がる梨状筋という筋肉が坐骨神経痛に大きく影響を及ぼしています。

 

上の写真のように、2つは隣り合わせに存在するため、骨盤が開く(バランスを崩す)と梨状筋は坐骨神経に本当なら必要のない負荷を与えてしまいます。

 

これにより、坐骨神経が刺激され痺れとして私たちに身体のメンテナンスが必要である事を教えてくれます。

 

(物凄くざっくりとした説明ですが…)

 

当院では三角形のブロックをブロックを使い施術させて頂きます。

 

他の治療院さんには無い強みの1つです。

 

 

このブロックを使うことにより、坐骨神経に刺激を与えている梨状筋の緊張を緩めることができます。過剰にかかっていたストレスを軽減させるので、サインである痺れもおのずと軽減されていきます。

 

このようにして、少しずつ骨盤を本来あるべき場所に誘導してあげます。

 

私たちの身体にはそれぞれ癖がついています。その癖が起こる原因箇所を少しずつ正していくことにより、身体の機能を100%使えるようにしてあげます。

 

施術後は痺れを感じないくらいまで、改善することができました。しかし、先にも書いた通り身体には癖があるため前の状態に戻ろうとします。ですので、最初の数回は施術後2〜3日以内に少しもどってしまう場合があります。癖が改善されていくにつれて、痛みの再発を防ぐことができます。

 

人生100年時代と言われるこの時代です。

カイロプラクティックケアをうけて、ぜひ健康貯金をしましょう!

 

そして、今回の患者さんですが、施術後に嬉しい反応もありました!

 

次の投稿で紹介できればと思います。

 

 

 

フェイスブック→

https://www.facebook.com/コネクトカイロプラクティック-ファミリーオフィス-Connect-Chiropractic-Family-Office-248419555735107

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

 

こーすけ

全身だるい|その道一筋の職人さんのケース

2019.03.07 | Category: 症例,腕・肘・膝・足の痛み,腰痛

最近は本当にご紹介で来院してくださる方がほとんどです。

今回のケースは職人の方。大工のお仕事一筋40年の大ベテランの方が来院されました。

腰がそろそろ痛くなってきたとの事で、知人から当院のことを聞いたとの事でした。

検査をさせて頂くと、その背中は何十年も一つのことに全力を捧げる職人さんの身体でした。

 

体をチェックしていくと、第一頸椎がかなり右にシフトしていました。現場の仕事をどれだけされてきたのか想像に容易く、職人さんという職業は本当にすごいなと心から思いました。

 

第一頸椎の施術は今までされたことがないと思うとの事でしたので、どのように施術していくのか特殊なアプリや模型を使い説明させて頂きました。

 

施術後、すぐに腰の痛みの変化に気づかれて驚かれていました。そしてなにより、足首の痛みも軽減したとの事でした。以前、ひねってから違和感が取れずにいたとの事でしたが歩いていただくと全く気にならなくなったとの事です。

 

今回施術したのは第一頸椎で、足首とかなり離れた所を施術したことで痛みが消えるのは、ご本人としてはとても驚きだったらしく感動されていました。

 

第1頸椎は首周辺だけでなく腰や肩をはじめ足首までも影響します。

 

しかし、日本で第一頸椎を施術してもらいたいと思っても、アプローチできるカイロプラクティック院や整体院はなかなかありません。

 

当院はここにアプローチすることにより、根本的な痛みの改善をしていきます。

 

今回の職人さんですが、定期的に通いますと言ってくださいましたので、健康に対する意識も変わってきたのではないかと思います。痛くなってからでは遅いので、そうなる前に検査だけでも受けて頂くのをお願いしています。

 

 

フェイスブック→

https://www.facebook.com/コネクトカイロプラクティック-ファミリーオフィス-Connect-Chiropractic-Family-Office-248419555735107

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

こーすけ

ギックリ腰の手前のピキッ

2019.03.06 | Category: 腰痛

ギックリ腰は一回経験してしまうと、トラウマになってしまうほどの恐怖を脳内にすり込まれてしまいます。

 

今朝、歯磨きをしている時にピキッと違和感が腰を襲い、そこから嫌な感じがずっと取れずにいますと教えてくださいました。このままいくとギックリになるのではないかと心配との事でした。

 

今回の患者さんは家が近いとの事で歩かれてこられましたが、症状が酷い方などはタクシーを使って来られます。

当院では、一番最初に筋肉の状態や骨の可動域をチェックします。ギックリ腰を起こした場合、座りきるまでの動作が怖くてできません。ですので、立った状態でチェックをさせてもらうなど患者さんに負担のかからないように工夫をさせてもらっています。

 

ギックリ腰を起こしてしまった患者さんには特殊なテーブルを使い施術していきます。

 

そして他院と少し違うのは、施術が終わった直後に沢山歩いてもらうようにしています。脳にもう問題なくあるけるんだよと教え込むためです。最初は施術直後ですのでいつもと違う感じがするのですが、歩いているうちにどんどん身体が軽くなってきます。また、当院ではギックリ腰専用の運動療法を取り入れて施術をさせてもらっています。これにより、飛躍的に回復速度を上げることが可能となっています。

 

ここで、ご自宅でギックリ腰を起こした場合に一番におこなって欲しいことがあります。

 

それは、「冷やす」ことです。

間違っても「温める」ことはしないようにお願いします。

 

アイスパックを患部に約15分~20分間あててください。

 

そうすることにより、炎症を抑え痛みを緩和することができます。

 

ギックリ腰などの急性症状で来院頂いた場合、通常よりも間隔を詰めて再来院して頂く場合があります。

これは施術した後で、脳が身体を守るためにもとに戻ろうと(痛みがでた時の守りの状態)筋肉が固まるのを防ぐ為でもあります。

間隔を詰めて来院して頂くことでより早い回復が望めますし、痛みのない日常生活への早期復帰や、お仕事への影響を最小限にするなどが可能となります。

当院では、初診の方へ最後に何点かアドバイスをさせて頂くのですが、それを守って頂けることでギックリ腰の予防にもなります。

 

ギックリ腰のあの恐怖を再び経験しないように、日々の行動に意識を向けましょう!

 

 

 

 

フェイスブック→

https://www.facebook.com/コネクトカイロプラクティック-ファミリーオフィス-Connect-Chiropractic-Family-Office-248419555735107

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

こーすけ

 

 

お気軽にご相談ください!コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィス
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
ご予約はこちら

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口 徒歩2分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。