- Blog記事一覧 - 背中の痛みの記事一覧

背中の痛みの記事一覧

背中の痛み。ツーンとする感じ。

2018.12.11 | Category: 症例,背中の痛み

今回は背中がツーンとして嫌な感じがするとお困りの40代女性のケースです。

 

痺れるわけでもなく、ツーンとつる少し前の段階。じっとしていると、なにか気持ち悪く落ち着かない。

つるわけではないけれども、常に何かあって、動かしてもストレッチをしても取れない。

 

かなりもどかしくイライラすると仰いました。

 

これ物凄く分かります。

院長本人も実際経験したことがあります。

 

あの何とも言えないもどかしさ!

とれそうでとれなくて、座っていても落ち着かない。

気持ち悪い感じ。

 

検査をしていくと背中の骨の上部と真ん中の骨が悪さをしていました。

全く可動域がなく、背中全体が固まっている感じでした。

 

お仕事はデスクワークで、一日パソコンの前に座っています。

ずっと前傾姿勢で、一日過ごしている状態です。

固まってしまいますよね。。。

 

ちょっとした間に肩を回すなり、伸びたりするだけでだいぶ違います。

何もしないという選択肢…

これがのちに辛い状態を生み出します。

 

今、このブログを書いてる時点で私の背中が固まってきているのが分かります。

(ちょっと肩を回します…)

 

今回はドロップテーブルを使い施術をさせてもらいました。

寝ているだけでオッケー!

あとはテーブルが「どったんばったん」と動くので、その力を利用して施術していく優れもの!

 

痛みは一切ありません。

 

 

施術後、ツーンとした感じが取れたと教えてくれました。

 

背中の違和感というのはかなり不快ですよね。

背中の違和感だけでなく、何か気になることがありましたらご相談ください。

↓↓

https://cchirodc.com/contact

 

年末にむかうこの時期が一番身体を壊しやすい時期でもあります。

 

ぜひ、この時期にもう一度身体のチェックをしてください。

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ

右腰の上部が痛いとお困りの50代女性

2018.09.05 | Category: 症例,背中の痛み,腰痛

今回は「腰」ではなく、俗にいう”わき腹”の少し後ろ側が痛いとお困りでした。

 

特に右に身体を倒すのが辛いとのことで、色んな所に行ったけれども良くならなかったと伝えてくださいました。

ちなみに、日本人ではなくアメリカの方です!

そうです!

全て英語でのやり取り…

最初の数分は英語脳になかなか切り替えることができなかったのですが、しばらく話していくと日本語脳から英語脳に完璧にシフト!

聞いていくと、アメリカに住んでいた時もカイロプラクティックのケアを受けていたが、なんにも変わることなく常に痛いとおっしゃっていました。

アメリカの施術は「バキボキ」系で、音が鳴るだけで何も変わらなかったと教えてくださいました。

 

身体をチェックしていくと、第一頸椎と仙骨に原因があることが分かりました。

 

*緑色の部分が第一頸椎になります。

 

今まで、この場所を施術されたことはありますか?と聞いたところ「ない」とのことでした。

普段はトンプソンテーブルを使い施術をしていくのですが、苦手という事でしたので違う方法で施術をさせてもらいました。

 

*当院では患者さん一人ひとりに合った施術をさせて頂いています!

 

第一頸椎を施術した時点で、痛みは少し軽減したとのことでした。

 

次に仙骨を施術していくと、痛みはほとんど取れたとのことでした!!

 

初めて第一頸椎を施術されたとの事だったので、好転反応が少し強く起こりますと伝えさせて頂きました。

嬉しかったのが、「散々アメリカでカイロプラクティックケアを受けてきても痛みが取れず、あなたが初めてよ!Thank you,doc!」と言ってくださいました。

 

これほど嬉しい言葉はありません。

 

全て英語でのやりとりは久々でしたが、伝わってくれてひと安心です。

 

「バキボキ」が必要な時ももちろんあります!!

ですが、逆に必要のないときもあります!

 

”気持ちがいいから”という理由で「バキボキ」をしていくのは、良い方法ではありません。

 

そこを勘違いしてしまうと、治るものも治らないし、改善できるものも改善できなくなります。

 

大切なのは、なぜ”その箇所を、その方法で施術しないといけないのか”

これをきちんと教えてくれる先生に診てもらうことが大切だと思います。

 

 

人と笑顔を繋ぐ「健康」という架け橋を…

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ

 

 

背中の張りが取れないとお悩みの40代女性

2018.08.20 | Category: 症例,背中の痛み

今回は背中の張りについて紹介したいと思います。

 

日中ではなく、起床時に一番痛みを感じるとのことでした。

ビリビリという痛さではなく、重く鈍痛感のような痛さですと説明してくださいました。約2年間この痛みに悩まされていて深く眠ることができずに悩んでいるとのことで、病院をはじめ整体や接骨院など、ありとあらゆるところに行ったが全く良くなることはなかったと仰いました。

 

検査をしていくと、脊柱のバランスが崩れていて胸椎の一部が他の部位と比べて悪さをしていることが分かりました。施術をすると、軽くはなったけれどもまだ完璧には取りきれていないとおっしゃいました。

 

身体がカイロプラクティックの施術に反応する為に数日かかることもあります。それまで何もせずに反応を待ってくださいというアドバイスをさせて頂くこともあります。しかし今回はそのケースではありませんでした。

 

上で述べた胸椎の一部がまだ悪さをしていました。

視点を変え、より深く検査をしていくと内臓から影響していることが分かりました。

 

患者さんに今から内臓の施術をしますと伝えると「えっ?内臓も施術できるんですか?」と驚かれましたが、「できますよ♪」と答えさせて頂きました。

なぜ、カイロプラクティックで内臓なのか。

なぜ、脊柱だけでなく内臓が影響しているのか。

 

などを説明させてもらった後に施術をさせて頂きました。

 

そうすると、患者さんが一言…

「びっくりするくらい背中が軽いです!」

 

と仰ってくれました。

悪さをしていた胸椎も内臓を少し施術させてもらったら、どこかに消えてしまいました。

起床時に一番痛みが出るとのことでしたので、次の予約時にどのように変化したのかを教えてくださいとお伝えして施術を終えました。

 

施術が体に反応するために2〜3日かかることがあります。

しかし、状況によっては視点を変えより内側を診ていく必要があります。

 

では最初から内臓を施術すれば良かったんじゃないのか?

と思われる方もいるかと思います。

しかし、施術する際には最高の結果を出すための順序や施術方法があります。

身体を考えなしに施術し過ぎても良くないんです。

(これは患者さんの多くが勘違いをしている部分です)

身体が痛いから、身体がまだだるいから…

という理由のみで施術を続けていくと、余計に悪化してしまう場合があります。

身体はそんなに単純にはできていません!!

 

そして大体原因は”そこ”にない場合が多いです。

 

視点を変えて物事を見れるのか…

これはとても大切なことだと改めて思ったケースでした。

 

 

“人と笑顔を繋ぐ「健康」という名の架け橋を

カイロプラクティックを選択肢の一つに”

 

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ

 

 

 

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口 徒歩2分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。