- Blog記事一覧 -妊婦|腰痛|臨月

妊婦|腰痛|臨月

2019.03.10 | Category: マタニティカイロ,症例

今回は20代前半で妊娠38週目の臨月の妊婦さんの方のケースをご紹介します。

 

お腹が大きくなって、腰が痛いのとお腹の張りをなんとかしてもらいたいとのことでした。

 

当院の事は、こちらに通ってくださっている患者さんから聞いたとのことで、大泉学園駅から徒歩1分という立地はとても来やすいと嬉しいお言葉も頂きました。

 

ありがとうございます。

 

西武池袋線 大泉学園駅 北口から徒歩1分の商店街の一角に当院はあります。1Fの角にあるので、とても助かるというお言葉も頂いています。また、外観がおしゃれすぎるためにサロンですか?と聞かれることもしばしば…

話しを戻しますが、妊婦さんケア(マタニティカイロ)については、前に紹介をさせて頂きました!!

そちらもご覧になって頂けたらと思います。

腰痛でお悩みの30代妊婦さん

 

身体を検査させてもらうと右側の仙腸関節の動きが悪いのが分かりました。そして、かなりの反り腰になってしまっていて身体にかかる負担が相当なものになっています。さらに、今回の患者さんは身長が150センチと小柄なためより体への負荷は大きくなっていました。

 

反り腰というのは、想像以上に腰に負担をかけてしまいます。

 

そして、仙腸関節とお腹の張りというのは何にも関係が無いように思えるのですが、実は深く体の中で結びついています。

こちらの写真を患者さんに見てもらいながらいつも説明をさせてもらっています。

 

写真など、一目でわかるものがあるといいですよね。

 

仙腸関節を施術した後に、Round Ligament(子宮円策)やSacrotuberous Ligament(仙結節靭帯)を施術させてもらったあと

体が軽くなり、お腹の張りもかなり軽減されましたと教えてくださいました。

 

Round Ligament(子宮円策)やSacrotuberous Ligament (仙結節靭帯)を施術させてもらっている最中にお腹の中の赤ちゃんが動くことがよくあります。

 

居心地が良くなり、また自分の一番都合の良いポジションに動いていきます。

 

 

患者さんといつも「あー動きましたね!!今、何を考えているんですかねー?」など話しながら施術をさせてもらっています。

 

当院では、ウェブスターテクニックというアメリカの小児カイロ団体から学んだ技術を使用します。

 

逆子ちゃんの改善にも有効な技術でもあるので、アメリカでは沢山の方が施術を受けに行きます。

 

お腹の中の赤ちゃんに最適な環境を提供することも大事なことだなと、カイロプラクティックを学んでから強く思うようになりました。

 

今回の妊婦さんにも前回と同じくマタニティテーピングをさせて頂いたところ、やはり好評でした!

 

「本気でお腹が軽い!!」

 

一言を頂きました。

 

ありがとうございます。

 

こちらも人気みたいで嬉しい限りです。

 

妊婦さんが「腰痛をよくしたい!!」だけでなく、「お腹の赤ちゃんのためにケアを受けにきました!」という言葉を聞けるようにこれからも発信し続けられたらと思います!!そして、妊娠される前でも「将来のために…」とカイロプラクティックのケアを受けに来る人が増えたら、本当に嬉しいことです!!その言葉を聞けるように私自身も日々精進していきたいと思います♪

 

 

 

人と笑顔を繋ぐ「健康」という名の架け橋を…

 

 

 

 

フェイスブック→

https://www.facebook.com/コネクトカイロプラクティック-ファミリーオフィス-Connect-Chiropractic-Family-Office-248419555735107

 

 

西武池袋線 大泉学園駅北口徒歩1分

コネクト・カイロプラクティック

ファミリー・オフィス院長

こーすけ


お気軽にご相談ください!コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィス
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
ご予約はこちら

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口 徒歩2分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。