- Blog記事一覧 -右足裏の痛み|突然襲う激痛とカイロプラクティック

右足裏の痛み|突然襲う激痛とカイロプラクティック

2019.01.15 | Category: 症例,腕・肘・膝・足の痛み

今回は30代女性の患者で、電話予約ではなく当院に通りすがりに直接来て頂いた患者さんでした。

入り口から入られた時の第一声が…

「痛いんです」

でした。

ちょうど他の患者さんの施術が終わるタイミングでしたので、詳しく聞くために問診票を書いて頂きました。

 

話を聞くと、左の足裏の外側が本当に突然に痛くなったとのことでした。

 

それも昨日。

 

検査をしていくと足にある骨がいくつか動いていませんでした。

 

その骨はどこかというと…

Talus(距骨)とCalcaneus(踵骨)

 

Talus (距骨)はこちら↓

    

 

Calcaneus(踵骨)はこちら↓

 

 

この二つの骨が上手に動いていないために、足裏の筋肉に無理な力が入ってしまったものと考えられます。

 

今回の施術方法としては、またいつもと変わった道具の登場です。

 

「スピードボード」

これはアメリカで購入したものです。

今回はこちらを使い施術させて頂きました。

 

トンプソンテーブル(ドロップテーブル)のミニ版といったところでしょうか。

 

施術をすると不思議と痛みが無くなっていたとの事でした。

 

歩き始めた瞬間に「あっ!!痛くない!」というお言葉を頂きました。

 

ここで一つセルフチェックの仕方を紹介します。

 

 

足を伸ばして座れるところに移動しましょう。

 

図のようにつま先を、顔の方に曲げましょう。

 

両方同じくらい曲げられる人は問題ないのですが、片方だけ曲がらない人(私は左足首が曲げづらかったです)

はもしかすると、先に述べた距骨が曲げづらい原因を作っている可能性があります。

※もちろん、距骨の可動域が原因の場合、又筋肉が原因である場合もあります。これは一つの可能性として参考にして頂ければと思います。

 

誰かにつま先を曲げるのを手伝ってもらうのも一つの手ですね!

 

曲げるのをサポートした側は、片方だけストップがかかるような感じを体感すると思います。

 

もしこのテストで当てはまる方、躓きやすくなっていますので気を付けてくださいね。

 

そして、コケる、躓く前にお近くのカイロプラクターにご相談くださいね。

 

ケガの火種を消していきましょう!

 

 

乾燥して、風邪やインフルエンザが大流行しています。

 

手洗いうがいを忘れずに過ごされてください。

 

 

今日はこの辺で…

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ

 

 

 

 

 


お気軽にご相談ください!コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィス
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら
ご予約はこちら

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口 徒歩2分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。