- Blog記事一覧 -産後の腰痛|カイロプラクティック

産後の腰痛|カイロプラクティック

2019.01.07 | Category: 産後ケア,症例

ご紹介で来院してくださった30代女性の患者さんです。

 

もともと、普段から通っている整体はあるとのことでしたが、ご友人から当院のことを聞き、小児、妊婦、産後ケアの専門家ということを聞いてくださったみたいで、一度来てみたいと思いましたとのこと。そして、マタニティカイロをはじめ産後ケアでも、どこで診て貰えばいいのかわからないし、ちゃんとしたバックグラウンドを持っている先生でないと怖くて体を任せられないと仰って下さいました。

 

俗にいう「世界基準のカイロプラクティックです」とうたっているオフィスは巷に沢山ありますが、当院の院長はアメリカの大学を卒業しドクター・オブ・カイロプラクティックの資格を取得してきた正規のカイロプラクターですので安心していただければと思います。(ちなみに日本には約120名の先生が正規の資格を持っていて、今もなお現役でお仕事をされているのは約100名と言われています。)

 

30代女性で左側が特に痛いとのことでした。腰を反ろうとすると激痛がはしるとのことで、育児に支障が出てきたと教えて下さいました。

 

ママさんと腰痛はきっても切れない関係がありますよね!!

 

赤ちゃんは可愛いけど腰痛が辛すぎる

 

こちらに以前書かせてもらったブログを貼り付けておきますので、ご覧になってください!

 

今回の女性は、かなり反り腰になっていたのでいつもと違うテーブルを使い施術をさせて頂きました。(反り腰が強い患者さんに対してですが、正しい姿勢について施術後にレクチャーをさせてもらっています。)

 

今回使用したのがこちらのテーブル。

 

 

フレクション・ディストラクション

 

というテーブル…

 

横文字…長い笑

 

こちらは、テーブルの下部が床に向かって曲がったり逆に天井に向かい屈曲する牽引機になります。整形外科さんにも牽引器具はありますが、大きく違う点が一つあります。

 

それは、整形外科の牽引機は全身を牽引するのに対し、当院のテーブルは施術者が骨の一つ一つにコンタクトできるのでより部分的により細かく施術ができるということです。

骨一つ一つに、施術や牽引をしていい深さや角度がまた強さがあります。それを考えなしに施術してしまうと、余計に痛めてしまったり俗に言う揉み返しみたいな反応が強く出てしまいます。

 

整形外科の牽引器具は全身を牽引するために、部分的な調節が難しくあります。ですが、当院のテーブルは一つ一つの骨にコンタクトができるのでその調整ができ、より高い施術効果を感じることができます。

 

実際、今回の患者さんも施術した後かなり楽になり痛みもないと仰って下さいました。このテーブルを使うと身体が伸びてスッキリします。そして、反り腰になってしまった身体を元にもどす効果もあります。

 

腰が痛いというのには、必ず理由があります。その理由を見つけてあげるのが一番の近道です。

 

何か気になることや、お困りのことがありましたらお気軽に相談ください。

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ


アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口 徒歩2分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。