- Blog記事一覧 -ゴルフで腰痛。その原因。

ゴルフで腰痛。その原因。

2018.12.05 | Category: スポーツに関する症例

ゴルフのコンペが先日にあり、終わってから腰が痛くなってしまたとのことでした。

「どこが痛いのですか?」

と聞くと、右腰の上の方とのこと。

かなりの打数を叩いたみたいで身体が無理をしていたのがすぐ分かりました。

 

右上の横にある筋肉群が、身体を守るために一生懸命固まってくれてたんですね。

 

筋肉のお仕事は収縮することですので、今回はかなりハードに仕事をこなしてくれていました。

 

ここで疑問が生まれませんか?

 

「なぜ筋肉が固まってしまったのか…」

 

筋肉は収縮するのが仕事だと説明しましたが、かならずそこには何らかの理由があります。

 

今回はダフったり、かなり不安定なところから打ったりすることが多かったため、バランスをとるために終始身体を傾けたり無理な体勢から打ったりを重ねていたそうです。

 

そのため、右側に負担がかかり骨盤からズレが生じてしまいました。

 

筋肉はそれぞれの骨につながっています。

骨はそれぞれの筋肉とつながっています。

 

双方のバランスが一方でも崩れそうになると、身体はお互いをカバーしようとします。

それが積み重なり、身体が耐えうる許容量を超えた時に「痛み」として感じます。

 

ゴルフをやられている方に多いのですが足首にも負担がかかることが多いです。

不安定な場所から打たなければいけない状況では下半身を固定させようとするため、足首にも負担がかかりやすくなります。ぜひ足首の可動域を左右比べてみてください。足首を捻挫したことがある人や足の指を骨折したことがある人、打撲の経験がある人などは要注意です。身体が潜在意識としてその場所をカバーしようとする場合が多く、どちらか片方に体重が乗っていることはありませんか?

 

 

もし、当てはまっていたり気になることがありましたらご相談ください。

 

https://cchirodc.com/contact

 

今回の右腰の上の痛みですが、骨盤を施術させていただいたところ、だいぶ緩和されたとのことでした。

 

右足首も施術させてもらったところ「あっ!これ違うね!あー痛くない!」と言ってくださいました。

 

身体は複雑ゆえに面白く、複雑ゆえに難しいものです。

 

症状ばかりを追いかけて根本的なところを治さないのはもったいない!

 

軽くなった。楽になった。痛みが取れた。

 

では、

まだ治ってはいません。

 

この画像は回復に向けてのグラフになります。

 

「痛みが取れた」

 

というのは黒い〇をしてある箇所になります。

 

痛みというのは90パーセントが身体の中で痛みの成分として蓄積されていき、残りの10パーセントで身体のそとに「痛み」として出されます。

 

なので、痛みを取り除いたとしても90パーセントの痛みの成分は身体の中でまだ溜まっている状態です。

 

 

なので、このグラフのようにまた昔の痛みへと逆戻りになってしまいます。

 

健康への第一歩を踏み出せたので再発しない身体も、手に入れてしまいましょう!!

 

定期的なメンテナンスがとても大事になってきます。

 

この時期は一年でも一番というほど身体を壊しやす時期でもあります。

なので、年末年始にむけて身体のメンテナンスも宜しくお願いします!!

軽い身体で新年を迎えましょう!!

 

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ

 

 


アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口 徒歩2分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。