- Blog記事一覧 -脳震盪後症候群(Post Concussion Syndrome)とカイロプラクティック

脳震盪後症候群(Post Concussion Syndrome)とカイロプラクティック

2018.11.23 | Category: めまい,症例,頭痛

なぜ、前回あのトピックなのか…

こちら↓

脳振盪後症候群(Post Concussion Syndrome)

 

それは10代の男の子が脳震盪後症候群(Post Concussion Syndrome)で悩まれていたからです。

インターネットで調べて当院の事を見つけてくださったみたいです。

アメリカ人の男の子で、昨年の2月にレスリングの試合中に脳震盪を起こしてしまい、そこからめまいや頭痛にずっと苦しんでいると教えてくださいました。今は競技から離れて治療に専念しているとのことです。カリフォルニアにいた時に脳震盪を起こしてしまい、そこから見つけたのがカイロプラクティックのケアだったとのこと。

2回アメリカのドクターから施術を受け、日本に行ってもケアを受けたほうが良いと打診され同じテクニックを使っている人を探したらなかなか見つからず、やっとこちらを見つけましたと仰っていました。

 

日本に来てから色々なところに(それこそ遠方にも)行ったけれども改善の傾向が見られなかったのでどうしようかと悩まれていたとのこと…

 

そして頭痛だけでなく腰痛もひどい…

 

患者さんにどんな施術をされていたのですかと聞くと、

 

アメリカのSOTOという団体の先生から頭蓋骨矯正をされていたとのことでした。

なるほど…

 

それはなかなか見つからないはずだ…

 

「SOTO(Sacro-Occipital-Technique-Organization)というのは仙骨後頭骨テクニックという技術のアメリカにある団体で、定期的にセミナーやHome Commingなどを行い、技術の向上及びケースレポートや最新のデータの共有をしている団体です。当院の院長もアメリカにいる時にその団体に加入し多くのセミナーを受けていました。」

 

 

毎回患者さんには痛みの度合いを0~10で表現してもらいます。

0が何も痛くない状態。

10が激痛でどうしようもない状態です。

 

頭痛が8、腰痛が7とのこと。(どちらも限界に近い状態です…)

 

そしてSOT(仙骨後頭骨テクニック)をメインに施術をさせてもらいました。

(当院では患者さんの症状や身体の状態、精神状態などから一番効果的な方法を選び施術していきます。)

 

 

検査をするとカテゴリー1という分類にあてはまりました。

(カテゴリーによってもブロックの入れ方や施術方法などが変わっていきます。)

うつ伏せになってもらいブロックを骨盤の下にいれ施術。

 

http://www.chiropractichealingcenter.org/about-sacro-occipital-technique/より画像を引用

 

上の図のようなイメージです。

ほんとにブロックの上に寝ているだけです。

なので患者さんは一切の衝撃や力を感じません。

ご自身の体重がブロックと反応して施術されていきます。

このブロックが仙骨と後頭骨の動きを調整し、脳脊髄液の流れに変化をもたらしてくれます。

 

頭蓋骨もチェックさせてもらったところ、Sphenoid Bone(蝶形骨), Temporal Bone(側頭骨), Saggital Suture (矢状縫合)が少し動きが悪かったので施術をさせてもらいました。

 

施術後は頭痛の痛みのレベルが8だったのに対してalmost gone(ほぼなし)と言ってくれました。

腰痛は全くない状態まで改善しました。

 

ただ…

 

今日良くなったとしても、最初のうちは数日で痛みが徐々に戻ってきてしまいます。

これは今までの身体に染みついている癖であったり、生活習慣によりまだ戻りやすい状態にあるためです!

施術を重ねていく中で戻りにくい身体を手に入れていきます!

 

当院では3つの施術段階に分けさせてもらっています。

この段階を踏むことにより、再発しない身体へと身体は変化していきます。

 

痛みが取れた=根本的な改善

ではありません。

 

痛みについて書かれていますので、是非読んでください。

↓↓↓

 

睡眠障害でお悩みの20代女性:初回の施術効果

 

 

少しでも身体と向き合ってくれる人が増えるといいなと切に願っています。

 

こちらのケースは今後も経過報告していきたいと思います。

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ

 

 

Home


アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口 徒歩2分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。