- Blog記事一覧 -腕に痺れがあり生活に支障が!お医者さんも異常なしって…どうしてですか?

腕に痺れがあり生活に支障が!お医者さんも異常なしって…どうしてですか?

2018.11.12 | Category: 症例,腕・膝・足の痛み

先日電話があり困っているとのことでした。

 

受話器越しに『首から指先にかけてしびれがあるのだけれど、どの病院に行っても「分からない、次第に治るでしょう。MRIでみたら頸椎の5番目と6番目が少しヘルニアになりかけているから、もしかしたらそれが原因かもしれませんね。安静にしましょう」と言われました。でもこの痺れをずっと我慢するのが苦痛で…』

と物凄く悩まれていました。

 

私は「痺れているのは親指と人差し指にかけてですか?」

 

と聞くとなんでわかるんですか?と驚かれていました。

 

後日来院してもらい話を聞くと、MRIでは異常なしといわれたが、左半身全てにしびれがあるため「頚椎症性神経根症」と診断されたとのこと。

 

今までに神経内科、整形外科、脳外科などに行ったがいずれも異常なしといわれ、インターネットで色々と調べたところ、こちらで何とかしてもらえるかもと思い連絡をしたとのことでした。

 

有難うございます!!

 

一般的にヘルニアを発症した場合、軽度であれば保存療法が一般的で安静にしてくださいと指示を受けますが、

あまりにひどいと手術をしなければいけない場合もあります。

 

MRIをみせてもらいましたが軽度でした。

(レントゲンやCT、MRIをお持ちの方は、持参して頂けるとその後の検査もよりスムーズになります。)

 

頸椎の6番を通る神経は親指と人差し指につながっています。

 

そして…

 

 

施術した後から痺れが軽減されているのを感じると仰ってくださいました。

 

2回目は3日後に来ていただき施術。

(最初の3~5回は間隔を詰めて来ていただくようにしてもらっています。)

 

4回目の施術が終わるころにはほとんど痺れを感じなくなり喜ばれていました。

 

これで仕事に戻れると安心されていました。

 

そうなんです…

あまりのしびれで仕事ができなかったと教えてくださいました。

 

その後も1週間に1回のペースで来院してもらい、まだ身体の癖つよいのでそれを徹底的に直させてもらっています。

痛みがなくなったから問題解決ではありません。

大切なのはその後!!

 

再発しない体づくりが大切なんです!

でないと根本的に改善したといえません。

 

重い症例の場合はなおさらです…

 

 

症状が強いと何もできなくなります。

何もしたくなくなります。

 

すべては健康がベースにあります。

 

当院のホームページにもあるように「健康」という定義はありますが、人によってその意味合いが変化してきます。

 

理想は症状が起きる前に予防することです。

皆さんは虫歯にならないようにどうしていますか?

定期的に歯医者に行ってチェックしてもらいますよね?

 

体調を崩さないように…

症状で身体を動かせなくなる前に…

 

定期的に背骨のチェックをして予防をしてみませんか?

 

 

まずは、お気軽にご相談ください。

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ


アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口 徒歩2分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。