- Blog記事一覧 -ギックリ腰で動けなくなってしまった40代男性

ギックリ腰で動けなくなってしまった40代男性

2018.10.23 | Category: 腰痛

ギックリ腰というのは本当に怖いものです。

あの痛みは経験した人間でないと分からないものがありますよね?!

 

先月の下旬から、ギックリ腰で来られる患者さんが多いような気がします。

 

以前、当院の院長は季節の変わり目ごとにギックリ腰をしていました。

あの時は本当につらくて…

自分ではどうすることもできず…

カイロプラクティックを知っていたら、あの辛さを少しでも緩和することができたのに!

カイロプラクティックを知っていたら、もっと前から予防できたのに!

 

と思ってしまいます!

 

今回の患者さんは歩くこともままならず、徒歩5分で来れるところをタクシーを使って来院されました。

ガチガチに身体が強張ってしまい、どうしようもない状態でした。

筋肉の状態や骨の可動域をチェックするのですが、ギックリ腰を起こした場合、座りきるまでの動作が怖くてできません。ですので、立った状態でチェックをさせてもらったところ、左の筋肉はガチガチに固まってしまい鉄板のようになっていました。そして腰椎の2番目(L2)の可動域が著しく減少していました。

 

 

ギックリ腰を起こしてしまった患者さんには特殊なテーブルを使い施術していくのですが、施術が終わった後に沢山歩いてもらうようにしています。これは、ざっくり説明すると脳に「腰は問題無いよ!もう動けるよ!」と教え込むためです。

詳しくはまた次回説明しますね。

 

当院は施術だけでなく、ギックリ腰専用の運動療法をとりいれて対応させてもらっています。

これを行うことで、脳と身体のつながりを良くし回復を早めていきます。

 

今回も施術を行ったあとにギックリ腰専用の運動療法を行い歩いたところ、まだ痛みは残るものの自分で歩けるまでに回復しました。

 

ご自宅でギックリ腰を起こした場合に一番におこなって欲しいことがあります。

 

それは、「冷やす」ことです。

間違っても「温める」ことはしないようにお願いします。

 

アイスパックを患部に約15分~20分間あててください。

 

そうすることにより、炎症を抑え痛みを緩和することができます。

 

ギックリ腰などの急性症状で来院頂いた場合、通常よりも間隔を詰めて再来院して頂く場合があります。

これは施術した後で、脳が身体を守るためにもとに戻ろうと(痛みがでた時の守りの状態)筋肉が固まるのを防ぐ為でもあります。

間隔を詰めて来院して頂くことでより早い回復が望めますし、痛みのない日常生活への早期復帰や、お仕事への影響を最小限にするなどが可能となります。

当院では、初診の方へ最後に何点かアドバイスをさせて頂くのですが、それを守って頂けることでギックリ腰の予防にもなります。

 

ギックリ腰のあの恐怖を再び経験しないように、日々の行動に意識を向けましょう!

 

 

もし気になることがありましたら、いつでもご相談ください!

↓↓↓

https://cchirodc.com/contact

 

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ


アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口 徒歩2分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。