- Blog記事一覧

Blog記事一覧

睡眠障害でお困りの30代女性

2018.08.10 | Category: 症例,睡眠障害,頭痛

今回は毎日十分な睡眠をとることができないとお困りのケースです。

 

ここ数年前から寝ても2~3時間で起きてしまうとのことでした。ひどいときは1時間半で起きてしまい、そこから寝てまた1時間半後に起きて寝てという繰り返しで疲れが全く取れないということで悩まれていました。

睡眠というのは、皆さんもご存知の通りとても大切です。

質の良い睡眠がとれずにいると、ホルモンバランスを乱すだけでなく脳の働きにも深く影響してきます。

お仕事のパフォーマンスもさがり最悪の悪循環をもたらしてしまいます。

 

首をはじめ脊柱をチェックさせてもらうと、第一頸椎に原因があることがわかりました。

第一頸椎というのは背骨にいくつもの骨がある中で、脳に一番近い骨となっています(後頭骨を除いて)。

「奇跡の骨」と呼ばれるくらい第一頸椎の影響力は大きいのですが、その分施術も難しくなります。

*上の絵でいう緑の箇所です。

 

当院では、特殊な施術台を使いこの箇所を調整していきます。

この箇所を施術した後に歩いてもらうと、7割の患者さんが揃って似たようなことをおっしゃいます。

「ふわふわする」

これは脳と身体の伝達をスムーズにさせたことにより起こる現象です。

脊柱のズレや歪み(サブラクセーションとカイロでは言います)が原因で身体を100%使いこなせていなかったのを施術によりそれが可能となったため、そのような感覚をもたらします。

ちなみに、「ボキボキ」とはしませんのでご安心してください。

 

話を戻します!!

 

今回の患者さんも、施術後に「ふわふわする」とおっしゃっていました。

施術後に少し横になって休まれてもらうのですが、そこでの第一声が「眠くなってきました!」でした。

原因箇所をきちんと改善してあげることで、身体は素直に反応するようになります。

 

後日連絡があり、その夜から途中で起きることなく眠れるようになったとのことでした。

患者さんからの「ありがとう」ほど嬉しい言葉はありませんね!!

 

施術をしても最初のうちは身体に癖があるため、元々の楽な箇所や姿勢に戻ろうとします。

身体の癖を正し、施術効果を持続させるために当院では最初の3~5回は近い間隔で来院されることをお勧めさせて頂いています。

 

一人ひとり、それぞれの悩みがあると思います。

諦めてしまう前に、一度ご相談ください!!

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ

腰痛でお悩みの30代妊婦さん

2018.08.08 | Category: マタニティカイロ,症例,腰痛

今回は妊婦さんの腰痛についてのケースレポートです。

妊娠28週になり腰が痛くどうしたものか悩んでいたところ、こちらを紹介されて来院されたとの事でした。

お腹の張りがここ最近強くなったのと、左腰がずっと痛いとのことでした。

 

お腹が大きくなってくると、バランスをとろうとして自然と腰を反ろうとしますよね?

 

なのでしょうがないよね?と思われている方も多いのではないでしょうか?

 

さらに妊婦さんは、お腹の中の赤ちゃんが大きくなっていくと同時に、骨盤に付随する靭帯(固定バンドみたいなもの)も伸びてきます。それにより、骨盤がより動きやすくなっていきます。骨盤に付随する筋肉や靭帯の全てが、この動きやすくなった骨盤をサポートするためにさらに一生懸命働いてくれています!!

身体って本当に凄いですよね!!

私たちが意識しない間でも、それぞれがサポートし合おうとします。

 

話を戻します!

妊婦さんの多くが腰の痛みを感じたことがあるのではないでしょうか?

もちろん、腰痛を感じずに出産される方もいます!!

 

骨盤が”バランスを崩す”とどうなるのか…

 

上の図でRound Ligamentと書いてある紐みたいなのありますよね?

これは日本語で子宮円策というのですが、骨盤の”バランス”や”歪み・ズレ”が生じると、子宮を支える円策のバランスも崩れてきます。

*細かなメカニズム的なものはここでは詳しく説明しません。

 

さて、円策のバランスが崩れるとどうなるのでしょうか?

それでは、浮かぶ風船を思い浮かべてください。

風船の左右に2本の紐が垂れ下がっているとします。

そして、その2本の紐をバランスよく1本ずつ手に持ちます。

どちらか一方の手を下に引っ張るイメージをしてください。

 

このとき風船はどうなるでしょうか?

 

「どちらか引っ張った方に風船は傾く」ことになると思います。

 

さて、風船についている紐が円策であるなば、風船は子宮になりますよね?!

子宮の中には赤ちゃんがいます!!!

子宮の状態が安定していないと、赤ちゃんもゆっくり落ち着くことができません。

そして、赤ちゃんは常に一番過ごしやすい場所を探して動きます…

 

これが、逆子の原因になったりその他悩みの原因である可能性が高いのではと言われています。

 

妊婦さんにカイロプラクティック?

と疑問を持つ方もいるかと思いますが、「妊婦さんだからこそ!!」です。

骨盤だけでなく脊柱をはじめとした身体のバランスを整えることは、

「お腹の赤ちゃんにも良い環境を作ってあげている」

ということを忘れないでください。

「お腹の赤ちゃんのためにカイロプラクティックを受けに来ました」

という言葉が自然と聞くことができるように、これからカイロプラクティックが正しい方向で広まればいいなと思っています。

 

当院の院長はアメリカのICPA(国際小児カイロプラクティック協会)の200時間に及ぶ小児・マタニティカイロの専門教育を受けています。

また、日本に4人しかいない、妊婦さんに安全にそして抜群の効果をもたらしてくれるウェブスター・テクニックの正規提供資格を取得しています。

*色が変わっている上4人のドクターがウェブスター・テクニックの資格取得者になります。

http://icpa4kids.org/Find-a-Chiropractor/results_list.php?showonly=INT&tab=INT&country=Japan&state=&city=&name=

 

赤ちゃんにとって最良の環境を作ってあげることができるのも、カイロプラクティックならではの素晴らしさではないかなと思っています。

 

今回、来院された妊婦さんも施術を受けられて腰回りがものすごく楽になりましたと言ってくださり、お腹の張りもなくなったと喜んでくださいました。

最後に妊婦さん用のテーピングをさせてもらうと、「あっ!!これ凄い良い!!」と気に入ってくださったので、

妊婦さんに対するテーピング方法も伝えさせてもらい、今回の施術を終了しました。

 

妊婦さんに対するテーピングも好評なので嬉しいです!!

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ

 

 

 

引用画像:

https://www.google.co.jp/search?q=round+ligament&rlz=

https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E7%84%A1%E5%9C%B0&srt=dlrank&pp=70&p=9

肩こりがひどく頭痛でお悩みの30代女性

2018.08.06 | Category: 症例,肩こり,頭痛

今回は頭痛でお悩みの30代女性のケースをご紹介いたします。

 

お仕事で長時間座っていることが多く、パソコン画面と見つめあう時間が一日の大半という方でした。

 

今、「スマホ首」という言葉をよく耳にしますが、言葉を借りるなら「パソコン肩」といったところでしょうか?

 

人間の頭というのは、成人男性で5.5㎏~6.5㎏、成人女性で4.5㎏~5.5㎏あります。

だいたい体重の10%と覚えておいてください!!

 

パソコンを見る(お仕事でパソコンを使う)ことにより、少なからず頭が下がり首が前に出てきますよね?

この姿勢が実は身体にあまり良くなく、頸椎から胸椎へ変わるあたりに負担が大きくのしかかります。

下の画像を参考にしてみてください。

 

首が約2.5センチ前にでると、約4.5キロの重みがプラスαとして首に乗っかってきます。

パソコンとかゲームに夢中になると自然と首が前に出ますよね?

あの状態になると約14キロも負荷として首に乗っかってきしまうんです!!!

 

どうでしょうか?

14㎏の重りを首に巻いて生活してるイメージをしてみてください!!

これはもう、ある種の修行ですよね?

こういった日常生活の何気ない動作や習慣から原因を作っているという事が多くあります。

 

今回施術をさせてもらうと、首から肩にかけての張りや違和感がなくなりスッキリしたという嬉しい感想を頂きました。頭痛に関しては、次回の予約の時にどうだったか教えてくださいとお伝えして、少し日常生活や肩こり予防体操についてアドバイスをさせて頂き施術終了しました。

 

パソコンやスマホは今やどこにでも普及しています。

「スマホ首」という言葉が出てくるくらいです。

 

そうならないためにも、日常生活の中で自分の姿勢や習慣などをほんの少しだけ見直してみると、だいぶ変わって来ます!

 

毎日の少しの変化が、気づけば大きな違いに…

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ

 

引用元:https://www.akdocbruce.com/posture/

腰が痛くてゴルフができないとお悩みの50代男性

2018.08.04 | Category: スポーツに関する症例,症例,腰痛

暑さが続きますが、皆さん熱中症対策は大丈夫でしょうか?

 

今日の症例は、「腰を痛めてしまってゴルフができない」とお困りの50代男性のケースです。

ゴルフは趣味で長年やられているという事で、先日腰を痛めてしまい、スイングができないと悩まれての来院です。

 

実は、ゴルフをやられている方でカイロプラクティクのケアを受けている人は

アメリカで凄く多いです。

あの有名なタイガーウッズ選手もカイロプラクティクのケアをずっと受けています。

昔、タイガーウッズ選手は腰や肩の可動域が少なく飛距離も伸び悩んでいたそうです。

しかし、施術を定期的に受けるようになってからは、可動域も広がり軸も安定したことにより飛距離が伸び、数々の大会で良い結果を残してきたことは有名な話です。

“私は、この先忘れない限りカイロプラクターに身体をチェックしてもらうつもりだ。

カイロプラクティクのケアを受けることは、ゴルフのスイング練習と同じくらい大切な身体にとってのトレーニングである”

‐タイガーウッズ‐

 

*これは直訳ではなく、院長の翻訳です*

 

今回のケースですが、検査をしていくと骨盤が身体本来の機能を全く使えていませんでした。

 

検査によって浮き彫りになった原因箇所を施術すると腰の痛みが消え、またスイングができるようになりました。

さらに、ご本人が驚かれていたのは可動域が上がったことによってより腰が回るように。そしてよりスムーズに体重移動ができると喜んでくださいました。

 

カイロプラクティクというのは痛みを取り去るだけではなく、

その先にある、「身体本来の機能を100%使えるようにすること」

これにカイロプラクティクの奥深さや素晴らしさがあると思います。

 

「痛みを取り去る」

「悩みを解決する」

 

だけでなく、それを踏まえて

 

「どのようになっていきたいのか」

「何をするのが目標なのか」

 

を当院は大切にしています。

 

タイガーウッズ選手を例に今回は紹介させて頂きました。

アメリカでは、ゴルフだけでなく多くのアスリートの方がカイロプラクティクのケアを受けています。

 

日本でも、カイロプラクティックが多くのアスリートの方に届けられますように。

 

 

少しでも多くの方が笑顔で過ごせるように…

 

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ

 

 

画像参考:https://jokohok.info/navi/u/tiger-woods-chiropractic/

膝が痛くて歩けないとお困りの70代女性

2018.08.03 | Category: 症例,腕・肘・膝・足の痛み

膝が痛くて歩けないとお困りの70代女性のケースです。

 

数年前から歩く時に膝が痛みはじめ、今では医者に手術を勧められるほど痛いとのことでした。

マッサージや整体にも行くけれども、いつもお世話になっているところは遠いので近くを探していたとのことでした。

 

膝を痛めて来院される方の割合は、正直とても多いです。

これは膝に原因がある方も多くいますが、歩き方や生活スタイル、脊柱のバランスが崩れることによって膝に負担がかかり痛めてしまうケースも多くみられます。

 

問診をし検査をするとやはり脊柱のバランスが大きく崩れていました。

施術後、膝の痛みは減少しスラスラ歩けるようになっていました。これにはご本人も驚いたみたいで、

「ここまで軽くなったのは初めてだわ。不思議ね!!」

というお言葉を頂きました。

 

加えて、もう一つアドバイスをさせて頂きました。

それは「靴」についてです。

「慣れている靴」と「足に合っている靴」というのは似て異なります。

毎日履く靴だからこそ、足に合っている靴を履きたいですね♪

 

 

少しでも多くの方が笑顔で過ごせるように…

 

 

コネクト・カイロ院長

こーすけ

お気軽にご相談ください!コネクト・カイロプラクティック ファミリー・オフィス
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒178-0063
東京都練馬区東大泉1-30-11 石井ビル1F

西武池袋線 大泉学園駅北口 徒歩2分

駐車場

専用駐車場はございません。
お手数おかけしますが、近隣にありますコインパーキングをご利用ください。

休診日

日曜

講習会や会議、またその他の理由で臨時休業をいただく場合は、事前にウェブホームページでお知らせを致します。

ご予約について

当院は【完全予約制】となっております。